お腹痩せしたい人、必見!!お腹の脂肪、どうやって落とす??腹筋をがんばらなくても脂肪が落ちやすいメカニズムとは?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『腹筋しても、お腹周りのお肉が中々落ちないんです〜泣』ってご相談いただくことが最近増えてきました。
お腹を引き締めようと思った時にまずやることといえば、腹筋!!なのではないでしょうか。

woman wearing orange leggings and white tank top doing pull ups



ヨガインストラクターのCさん。


2ヶ月間、集中して体質改善を行ったら、
before⇨49.0キロ
after⇨46.8キロ
気づいたら、マイナス2.2キロ体重が落ちていた!

別に痩せるつもりもなかったそうなんですが、結婚してから幸せ太りで体重が増えていたそう。
特にお腹周りがスッキリしたのがよーくわかる✨

ですがお腹周りがスッキリした理由は、、

◉腹筋を沢山したわけではないんです!

ストレスホルモンが過多になると、脂肪が内臓に溜まりやすくなることってよくあるんです。
なぜなら、ストレスホルモン過多は、命を守ることに優先的にホメオスタシスが働くため、カラダに脂肪を溜め込もうとするから。

Cさんの遺伝子的体質を見てみると、
・ストレスが溜まりやすい体質。
・寝てもストレスから回復するのにかなり時間がかかる。。
という特性があります。

そういう場合、いくら腹筋しても有酸素運動しても中々脂肪が落ちないことって多いんです。
で、脂肪が落ちにくくなると、余計みなさん運動強度を上げてしまう方が多く、負のスパイラルにハマりやすいことも。

Cさん自身も、ご自身のストレス度合いに全く気づいていなかったんです。
ストレスを溜め過ぎてしまっている方ほど、その状態が普通になり過ぎてしまって、中々自分の状態をニュートラルに判断できないものです。

ですがお話をお伺いする中で、知らず知らずに心身にストレスをかけていたことが色々見えてきました。
それはどんなことかというと、、

・『無農薬野菜を食べているから自分は健康だ』そう思い込んでいたらしく、5大栄養素を満遍なく摂ることを見落としていた。
・遺伝子検査の結果、ご自身の体質が酸化に弱い体質なのに、消費期限切れの化粧品やオイルを肌に塗っていた。
・中々思い込みが手放せず、こうだと信じたことに対する反論を目にすると、無意識に怒り狂っていた。
・よくやる逆立ちのポーズは、実は血管やストレスコントロールに関わる遺伝子情報にハイリスクだと知らずに、毎日おこなつていた。スッキリすると思っていた体感は、血が引いていく状態だったと後で気づいた。

など、これら全て、心身にストレスがかかることでもあるんです。
また、一度ストレスがかかると回復しにくい体質から、こうした日々のちょっとしたストレスが蓄積していたのでは?ということが見えてきました。

ですが、Cさんのストレスホルモンコントロールをカバーするために必要な合うダイエットプログラムを実行して2ヶ月。

Cさんだけの脂肪が増えるメカニズムを知って、対策したら、自然とお腹周り、顔まわり、カラダ全体がスッキリしました。

ダイエットがうまくいっていないポイントが見えて、自分に合っていることで実行を積み重ねられると、一度バランスを崩したら、中々自分だけではコントロールしにくい脳内のストレスホルモンを減らすことができ、自然と体重が落ちはじめる方がほとんどなんです。

逆にストレスホルモンのコントロールができていないと、一才何をやっても体重は落ちないのです。

痩せ体質をまず作るには、ストレスホルモンのコントロールは必須!
腹筋しても中々落ちないお腹周りの脂肪は、もしかしたら、脳がストレスホルモン過多になったことで、落ちにくくなっている可能性があるもしれません。

55日ダイエットヨガ》体験クラスでは、見落としがちなダイエットを成功させるコツをチェックしていただけます。
自分だけの体重が増えてしまうメカニズムを知って、なりたい心とカラダを手に入れましょう✨

お待ちしてます🙏




《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。