スピリチュアルとの関わり方//神様との関わり方で人生を狂わす??まずは自分とつながろう!!

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


ちょっと前に生徒さんからうれしいお言葉をいただいて✨
『恵美さんのスピ投稿、最近ないんですか??チャネリングメッセージとか、軽く聞きたいんですけど、、いつもグサってくるから。』
とありがたいです。でもその時はなんか気が乗らず、そんな今必要か??と思ってしまったんです。

私にとって、チャネリングするのが当たり前すぎて、私がとってきた情報を聞きたい人、そんないるのか?と。

でも、ついにはいつものビジネスコンサルで、私を沼から拾い上げてくれた憧れの人からも、
『どうしてスピリチュアルやめちゃったの??』と聞かれたんです。

それが結構きっかけになって、自分でも考えてみた。

スピリチュアルが好きだった時って、自分が下で神様が上で、神様に縋っていたような関わり方だったような。

今は私が神様で、中心で、サポートをお願いするっていう関わり方に変わったから、そんなに頭の中にスピリチュアルなことを考えなくても満足しちゃったんですよね。

◉自分が神様だって体感しちゃったから。

で、よく神様にお願いする人多いと思うんですけど、この神様との付き合い方も人間関係と同じなんです。
これめっちゃ大事!!!!!!

ヨガするときも、チャネリングするときも、占い行く時も、
もっと言ったら、
香りを選ぶときも、結婚相手を選ぶときも、転職考えるときも、家族や友人とのコミュニケーションでも、

自分にまずは繋がれて初めて、ニュートラルな関わり方ができるし、納得いく選択ができるから。

自分を主役にできていない前の私の神様との関わり方は、脇が甘すぎたので、変な霊とか、変な神様もどきとか、変な宇宙にいる存在とかよってきた。。

それを日常で例えるなら、
相手の意見に影響されまくる、とか、みんながそうしているから自分もそうする、とか、自分で決めたはずなのに相手のせいにする、とか、

自分ではない他の何かにつながりまくって、人生狂ってたんですけど、、
自分を中心につながる体感体験をちょっとずつ重ねて重ねて自分を真ん中に戻していくと、
(それは日に日にゆらゆら自分とのつながり具合は変わって、戻ったりブレたりしながら太くなっていっていますが、、)

そういう変なの来ても、自分っていう結界の中で安心していられるから楽ちんなんです。

自分とのつながりが太くなるほど、そういうのは気づいたらよって来なくなった。。

スピリチュアルは別に特別なことじゃなくて、ほとんどの方が日常にいつもあることだって気づいていないと思うので、そんな日常のそれだよそれ!!って刺激になるようなことをシェアして行けたらいいな、と思います。

私、刺激が好きだから✨
(ジンジャーエールは超辛口派です✨)

みんなの中に神がいる。
自分を信じて✨
とかそういうことではなく、自分を信じようとも思えないほど、神は自分だって自然に体感するって大事なんですよね✨

リクエストにお応えして、ちょっとずつリアルスピリチュアルをお届けしていきます。

とにかくまずは、自分とのつながりを取り戻しましょう。
そこからが本当の人生の始まりです✨


自分につながってあなたの未来の可能性を自由に探索しましょう!!
◉ハイヤーセルフコネクション講座

:講座開催日2月27日(日)10時〜11時30分
申し込み締切 2月21日(月)終日まで
▶️詳しくはこちら

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。