血糖値コントロールは子供の精神安定に必須!//進路が決まってひと段落したADHD気質・長男の変化。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


晴れて高校受験、合格しました✨

高校合格のお祝いに、何食べたい??と聞いたら、一言。
『バケット。。』だって。

気を使って、『ママの〜が食べたい〜』とか絶対言わないのはわかっているが、言われなかったことがちょっと悔しい(笑)

うちの長男、過去世フランス人だったのか?というほど、バゲットが大好き。
誕生日でもクリスマスでも、必ずオーダーしてくるのがバゲット(笑)

ですが、彼の体質にとっては、小麦は炎症を起こしやすい食べ物なので、特別な時だけにしています。
なぜなら、副腎にハイリスクなので、カラダに負担がかかりやすく副腎疲労を起こしやすいから。

好きなものを好きなだけ食べすぎちゃうカラダの特性なんです、彼。
そして、止められないし、そういう暴走している自分にも気づきにくい。体験して初めてハッとわかる、という、なんと私にそっくりなこと(笑)

以前は部活帰りにお腹が減りすぎて、大好きな甘いパンをお腹がパンパンになるくらい食べすぎた結果、カラダに炎症が起きて蕁麻疹や瞼が腫れたり、、。
(どのくらい食べていたか?というと、毎日ミニクリームパン5個、とか、食パン一斤は余裕で食べていたんです。祖母が買っておいてしまっていたので、、。言い訳ですが。)

空腹の状態で一気に甘いものを食べるのは、血糖値が急激に上がってしまうのですよ。(私もやってたから、人のこと言えない。。)
この状態を続けているっていうのは、血管の中をギギーと傷つけて自ら炎症を起こしてしまう行為なんです。。
さらに彼の場合、血糖値を下げてくれるホルモン、インスリンが分泌しずらい上に、うまく使えない(インスリン抵抗性にリスクあり)ので、ホルモンの生成からも血液中が高血糖になりやすいとなると、自律神経も乱れやすく、精神的にも落ち着けなかったりするんですよね。

無意識にやっていた食べ方が、ここまで彼の心身に影響していたとは。
例えば、
◉精神的に落ち着けない。
◉すぐ眠くなってしまう。
◉集中力が続かない。
◉部活を頑張るほど、体調を崩す。
◉がんばりすぎた日は、メンタル面でも「めんどくさい」「もう無理」とやる気がなくなる。
など。

私も反省しました。

そこからは、血糖値が上がらない食事にまずは切り替えました。食べる順番を変え、食事内容も、パスタ、とかカレーとか、一品料理に偏っていたんですが、なるべくいろん食材をちょこちょこ食べられる定食メニューに切り替えました。

部活では、ウェイトトレーニングも行っていたので、それだけでも運動からのストレスがかなりかかります。
ストレスがかかると、どうしても満たされホルモンであるセロトニンの分泌量が減ってくるので、甘いものが欲しくなるんですよね〜。なので、空腹時でも食欲をコントロールしてもらうためにセロトニン分泌をしっかり増やす食事と生活習慣、それをサポートするプロテインと安全で良質なサプリで補いながら、3ヶ月間、どうにかがんばりました。

それでも最初は本当に大変で、
『お腹空いた〜〜コンビニ行ってきていい?』とか、
石焼き芋の声がすれば、ビュンと走って買いに行ってしまい、私に隠れて貪り食べていたこともあったような(笑)

ですが、3ヶ月間、どうにか頑張って、彼のカラダの特性に合ったライフスタイルに変えていくと、おもしろいことに、お腹が減っても、すぐに何かを食べてお腹を満たそうとしなくなったんです。待て、ができるようになった。(犬か??)
さらに、本人自身も、自分の日常での心身の変化に気づいていくようになりました。


『最近、5時間目が眠くない。周りの友達はみんな寝てるんだよ。』
『英語の問題、どうしたら解けるんだろ??って考えたらできたんだよ。』
『最近、走るの調子よくてカラダが軽いんだよね〜』
『面接練習で校長先生に褒められたんだ。自分の伝えたいことを、まとめて言葉で伝えられるようになった。』


セロトニン分泌が増えたことで、ドーパミン分泌がコントロールされたことで、自分の状況を少しずつ認識できるようになってきました。彼なりに精神的にも落ち着いて考えている場面が増え、カラダが動いて集中できない、、という日がどんどん少なくなってきています。
なんで?と疑問が湧かずに、よく考えないままカラダが動いてしまっていたのですが、落ち着いて自分なりに考えてから行動するようになりました。

これは今までの彼からしたら、本当に動いことです!!


自分のカラダの特性を知っていると、自分の心身のバランスを崩すことを事前に避けることができたり、合っているものは積極的に取り入れていけるものです。
「なんとなく良さそうだから実行している」ではなく、自分の体質に合う方法をわかった上で選択し実行できるのは、自分のカラダに合っているからこそ成果が出やすくなるものです。

例えば、食材を選ぶときも、パンは絶対だめ!!!と諦めるのではなくて、全粒粉にしたり(精製されている小麦は、精製されていないものよりGI値が高く、一気に血糖値を上げてしまうことで、血管を傷つけやすく、炎症が起きやすいため)、一緒に食べる食材を抗酸化作用のあるものを取り入れたり、などして、どうしたらカラダに負担が少なく工夫しながら、自分の特性に合わせて取り入れられるのか?を考え、自分の健康を守りながら食事を楽しめるようになるものです✨

こんなに頑張った朝食はまれなので、明日からまたガッツリ男子飯ですわ。

進む高校は、ガッツリ陸上ジュニア選手が集まる高校ですので、さらに一回りも二回りも成長した彼の様子をシェアできたらな、と思います。

みなさん、いつも応援ありがとうございます✨



《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。