血糖値コントロールには筋トレがいい!?運動時のストレスコントロール、見落としていませんか??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


いかにストレスホルモンが増えると、一切なにやっても痩せません!!っていうのを口酸っぱく書いてきました。
ジムに通って、一生懸命努力して食事制限・運動して痩せようと頑張ってきた方にとって、ええ〜〜〜っと衝撃的な話だったかもしれません。


ジムに行っても痩せない??//運動も食事制限もがんばっているのに痩せない理由。
チートデイの落とし穴//そもそも食べたい欲求我慢していませんか?
食べ過ぎちゃうのは、自分が我慢できないから??
甘いものがやめられないのはどうして??
食べたい欲求を我慢できない!!//我慢しないで痩せるために必要なこと
食事制限のしすぎは逆に太りやすくなる!?




自分に合わないダイエットを知らず知らず続けていることによって、ストレスホルモン過多になってしまうことってよくあることです。
それは、痩せにくくなるだけではないんです!!ってことを、前回は生徒さんのケースを踏まえて紹介しました。
慢性的ストレス過多は痩せないだけじゃない。ストレス過多が続くとどうなるの?

極端に食べないように制限したり、食べ過ぎてしまったからその分、頑張って運動で消費したり、、。
この無理に体重を落とそうとしてしまうほど、ストレスホルモンが分泌されて痩せににくい体質を自ら生み出してしまうものなんです。

そんなことない!!今までそれで痩せてきたよ!!という方もいるかもしれません。

ですが、、本心はその食事制限をやめてしまえば、頑張って運動するのをやめてしまえば、元の体重に戻ってしまうのが恐い〜〜〜ってどこかで感じている方もいらっしゃるかもしれません。
一生頑張り続けるダイエットを続けたいのならそれでもいいかもしれませんが、、本当はもっと楽しく食事を楽しみながら適度に運動を取り入れて痩せたらなって少しでも思っている方、続きを読んでみてください✨

◉ダイエットに必須な血糖値コントロール、
してますか??

トレーナーをしていると、よく健康診断のメタボ診断にひっかっかってしまい、慌てて運動し始める方って意外と多いものです。
美味しいものに溢れてますので、つい食べちゃう気持ちもよくわかる。。

食事を摂ることで血糖値は上がりますし、1日の中でも、血糖値は波のように変動します。また、運動や入浴によっても血糖値は常に変わっていきます。

また、なぜダイエットに血糖値のコントロールが必要なのか?というと、、例えば食事をすることで、血糖値は上がりますが、上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。このインスリンには、エネルギーとして利用されなかったブドウ糖を中性脂肪などにしてカラダに蓄える働きがあります。そのため、インスリンを分泌しすぎることで脂肪が溜まりやすくなり太りやすくなります。

血糖値を下げる方法の一つとして、スクワットやダンベルを使用したレジスタンス運動(筋トレ)を勧める場合が多いと思います。

ですが、筋トレを活用して血糖値コントロールをする場合には、ご自身のストレスマネジメントを行いながらやることが重要です。
なぜなら、筋トレを頑張れば、血糖値が下がるのでは?と思いがちなのですが、ご自身の体質に合わない運動種類・運動負荷で運動を頑張りすぎてしまうと、ストレスがかり、ストレスホルモンが増えることで血糖値を上昇させてしまうから。

血糖値を下げたいのに、自分に合わない運動によって自ら血糖値を上げるようなことをしてしまったら、プラマイゼロですし、せっかくダイエットを頑張っているのにもったいないですね。

また、併せてご自身がどういったところから血糖値をコントロールしにくいのか?を科学的なカラダの体質からトータル的に知っておくことも重要です。

例えば、、
✔️血糖値を下げるホルモン、インスリンの生成がしにくい。
✔️生成したインスリンがうまく筋肉などに伝達しにくいから高血糖になりやすい。(インスリンの抵抗性)
✔️痩せホルモン生成が分泌しづらいことでストレスホルモンのコントロールが難しい。
など、私が今まで遺伝子情報を拝見させていただいた方全員に、血糖値の上昇に関わる何かしらのリスクがある場合がほとんどでした。

ご自身の体質を科学的に知った上で、ご自身に合った血糖値コントロールの方法が見えてくると対策が取りやすくなり痩せ体質を作っていきやすくなるものです✨

早く痩せたい!!と無理なダイエットを繰り返してしまうほど、それが自分に合わない方法だった場合に心身にかかるストレスは大きいものです。
自分のカラダを知らず知らずにいじめるようなダイエットを行ってきた場合、それをリセットする方に時間がかかってしまうもの。

心身に優しく効率よく体重を落とすには、まずは脳のストレスホルモンを減らすことが重要です。
ストレスホルモンが減って、血糖値が安定してくれば、カラダは自然とセットポイントを落として体重を落とし始めてくれます。
カラダは嘘をつけないので、痩せるために必要なカラダのメカニズムに一つでも反するものがあると、一切何をやっても痩せないのです。
逆にカラダのホメオスタシスに沿って体重を落とせれば、スルッとその人のタイミングで然るべきタイミングで体重が落ち始めます。

まずはご自身の体重が増えてしまうメカニズム、知って実行するために必要なことを整理しましょう!!




《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。