お正月太り解消!!ダイエット中、甘いものが食べたくなった時のおすすめ。『玄米甘酒』

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


いかにストレスホルモンが増えると、一切なにやっても痩せません!!っていうのを口酸っぱく書いてきました。
ジムに通って、一生懸命努力して食事制限・運動して痩せようと頑張ってきた方にとって、ええ〜〜〜っと衝撃的な話だったかもしれません。


ジムに行っても痩せない??//運動も食事制限もがんばっているのに痩せない理由。
チートデイの落とし穴//そもそも食べたい欲求我慢していませんか?
食べ過ぎちゃうのは、自分が我慢できないから??
甘いものがやめられないのはどうして??
食べたい欲求を我慢できない!!//我慢しないで痩せるために必要なこと
食事制限のしすぎは逆に太りやすくなる!?




自分に合わないダイエットを知らず知らず続けていることによって、ストレスホルモン過多になってしまうことってよくあることです。
それは、痩せにくくなるだけではないんです!!ってことを、前回は生徒さんのケースを踏まえて紹介しました。
慢性的ストレス過多は痩せないだけじゃない。ストレス過多が続くとどうなるの?

極端に食べないように制限したり、食べ過ぎてしまったからその分、頑張って運動で消費したり、、。
この無理に体重を落とそうとしてしまうほど、ストレスホルモンが分泌されて痩せににくい体質を自ら生み出してしまうものなんです。

そんなことない!!今までそれで痩せてきたよ!!という方もいるかもしれません。

ですが、、本心はその食事制限をやめてしまえば、頑張って運動するのをやめてしまえば、元の体重に戻ってしまうのが恐い〜〜〜ってどこかで感じている方もいらっしゃるかもしれません。
一生頑張り続けるダイエットを続けたいのならそれでもいいかもしれませんが、、本当はもっと楽しく食事を楽しみながら適度に運動を取り入れて痩せたらなって少しでも思っている方、続きを読んでみてください✨

◉冬に甘いものを食べたくなる方におすすめ!!
玄米甘酒。

冬になると、甘いものが食べたくなる理由。それは日照時間も減ってきて、満たされホルモン生成であるセロトニンの造られる量が減りやすいから、と前回書きました。

正月太り解消!!冬に甘いものが食べたくなるのはなぜ??

夏は夏で、甘いものが食べたくなった時によく食べていた寒天にメープルシロップをかけて食べるデザート。

無糖紅茶寒天にメープル豆乳がけ。

でも流石に冬は冷えちゃいます。。あずきやさつま芋でなんかおやつができないかな?とも考えましたが、、うーん。
お芋系は糖質が気になる。。

と悩んでいたら、玄米甘酒を紹介してもらいました✨

通常の甘酒と何が違うのか?というと、酒粕から作るお砂糖がたっぷり入る甘酒と違って、玄米と麹だけで作られている自然な甘さがある発酵食品です。

意外にも玄米甘酒は血糖値と血糖値を下げるホルモン、インスリンの上昇が抑制されるそう。
ということは、脂肪が溜まりにくい!!
他にも天然の必須アミノ酸(筋肉に必要とされる9種類全てが含まれている!!)が豊富に含まれていたり、代謝に関わるビタミンB群も豊富なので、ダイエット中の方の味方ではないですか✨

とは言っても、とり過ぎには注意が必要。
食後のデザートに少し飲む程度でも、かなり甘いもので大満足でした✨



甘いものを食べちゃダメ!!と我慢するほど、ストレスホルモンが分泌されて脂肪が溜まりやすくなるものです。
ですが、我慢しないで好きなだけ食べていいよ!!ってことでもないんですね。
じゃあどうしたらいいのよ?と思うかと思うのですが、、
まずは、何で甘いものを食べたくなってしまうのか?自分だけのメカニズムを知ることってダイエットを成功させる上で大事なことです。

例えば、どんな理由があるのか?というと、、
◉血糖値を下げるのが苦手だから、もっと食べたくなって食欲コントロールが難しい。
◉痩せホルモンの生成が難しいから、食欲コントロールが難しい。
◉食欲抑制ホルモンに関わる脳神経の遺伝子的特性にリスクがある。
など、無性に甘いものが食べたくなってしまう理由は、人それぞれ異なるものなんです。

ですが、自分なりの理由がわかって対策できている(カラダの栄養バランスが満たされている状態)上で、甘いものを食べた場合、ちょっとの量の甘いものをいただいただけでも、ものすごく満たされ、不思議とそれ以上欲しいと思わなくなるものです。

逆に既にもっと甘いものを食べたい〜〜〜っと、自分にあった対策ができていない状態(カラダに必要な栄養バランスが満たされていない)のまま、甘いものを食べると、食べた瞬間は満たされますが、血糖値が上がって下がってきた時に、さらにもっと食べたい〜〜〜と、欲しくなるはずです。
こういうカラダが自動で反応する食欲は、自分の意志だけでコントロールすることは難しく、コントロールしようと思うほど、我慢するしかないものです。
そして、この我慢している状態が続くことで、ストレスホルモンが溜まり、イライラしたり、一気に暴飲暴食してしまった、ということに陥りやすくなるものです。

なので、まずは自分のカラダが甘いものを欲しくなってしまう理由を明らかにして、自分のカラダが自動でバランスをとってくれる機能(ホメオスタシス)の特性を知り、対策をとっておくことで、ちょっとの甘いものが暴飲暴食の誘発スイッチにならずに済むものです。

まずは自分にあったダイエットに必要なこと、《55日ダイエットヨガ》でシェアしていますので、お気軽に体験クラスに参加してみてくださいね✨



《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。