貧血・立ちくらみ・血圧降下??ヨガのある特定の動きをすると起こる症状はなんでなの??//20代ヨガティーチャーのケーススタディです。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『私、ホルモンバランスも自律神経バランスもなんリスクありそうだな、とはなんとなく気づいていたんですね、、』
と、本日は、ヨガティーチャーをするCさんが※《インナーアクティベーション・プログラム》を受けてくれました。


※《インナーアクティベーション・プログラム》では、高精度遺伝子検査を活用して、科学的に自分の体質を知ることで、どこにカラダの機能がうまくつながらず滞るポイントがあるのかを知り対策することができるプログラムです。複合的に自分の心身の状態を把握することで、自覚なく負荷をかけている食べ方や運動、生活習慣を変えるきっかけになったら、皆さんの健康をより守れて健やかに生きる人が増えるのではないか?ということで始めたプログラムです。


『ちょっと寝る前にヨガをしたんですが、終わった瞬間になぜか立ちくらみがして。血圧が下がったような貧血な感じがあるんです。昔から生理が終わった後そういうことがよくあるのですが。また変な夢を見ることが多いんです。』
昔からこういったことがよく起こっていたそう。こういう時、Cさんは対策として何としたか?というと、、

◉鉄のサプリを飲んでみた。
◉棗(ナツメ)は鉄分が豊富だと聞いて食べた。
◉卵を毎朝2個食べるようにした。
このようなことを実践して、ちょっと体調が良くなったなぁとは感じてはいるものの、これであってるのかな?なんかまだ足りないような?と確実に良くなっている感じがない気がして疑問だったそう。

実際の遺伝子検査の結果を見てみると、その理由が見えてきました。それは、、

◉血液中にホモシステインを代謝する時に必須な酵素にリスクがあることで、血液中に老廃物が溜まりやすい。


ということ。血液中の老廃物が代謝されにくいことで、細胞のサビである活性酸素を自ら生み出しやすいということが見えてきました。

ここにハイリスクの方は、特に気をつけなければいけないのが、動脈硬化を引き起こしやすく心臓疾患や脳卒中などの血管が詰まるリスクが高まりやすい方が多いということ。
また、血管性の認知症やアルツハイマーのリスクも高まりやすいとのこと。

Cさんにお伺いすると、
『そういえば、祖母も祖父も2人とも認知症になっていたと思います。生理の時に出る血液の状態も、レバーのような血の塊がよく出ることが多いのはそのせいだったんですね。』とのこと。

ご両親や祖父母の体質や罹っていた疾患を思い出してみると、自分の体質と本当につながることが多く驚くものです。家系を辿ってみると、自分の将来なるかもしれない疾病リスクを実体験を持って教えてもらえてるんだな、と実感することが多いものです。
また、意外にも、カラダに十分な鉄分が満たされていない場合、睡眠の質が悪くなりやすく変な夢をみるようになることも。これもCさんの血液の状態が悪くなりやすいリスクとつながるものがありました。

さらに、見えてきた血管リスク。

◉直接的な血圧をコントロールに関わる遺伝子にハイリスクとあり、血管には注意が必要な体質。

という結果でした。これもCさんのお話と結びつくことがありました。

『逆立ち系のヨガのポーズの途中で頭を下げて上がってくる時に、立ちくらみがしたり、シールシャアーサナ(頭立ちのポーズ)をすると、目の周りに小さい内出血が起きていたのでなんじゃこりゃ!!と思っていました。これ小さい頃からあったんです。』

ここで気づいてよかった!!
うまく活用すれば、ストレスコントロールに役立つヨガですが、自分の体質を何も知らないまま、ヨガポーズを当てはめてしまうと、自覚ないところで自分にストレスをかけてしまう活用の仕方になることってあるものです。

また、普段、ご自身で血圧を一気に上げてしまうようなことをされていないか?お話をお伺いしてみると、、
『あ!!!!植物を育てているのですが、こないだ雪が降った時、寒い格好のまま外に出て、そのまま植物にかかった雪を素手で払ったんですよね。そうしたら、、手の指先が一気に赤くなって指先が熱くなったことを思い出しました。。寒いの苦手だし。』

それは、、かなりCさんのカラダにストレスがかかることです。そういうちょっとしたことの積み重ねでストレスホルモンが増えて、血圧が上がり、カラダのバランスを崩してしまうきっかけにつながるものなんですよね。
寒い部屋から暖かい部屋に移動するだけでも血圧って一気に上がりますし、リスクがある方は、さらに注意しないと。。
と伝えると、、

『え。。それってカラダにストレスなんですか!!!!!!????』
と、カラダにストレスがかかっていることさえ自覚していなかったよう。
ストレスっていうと、人間関係からなどの環境からの影響は予測がつきますが、心身にストレスがかかる要因って、気温の変化からも実はかなり影響があるんですよね。

また、よく焦ってしまうシーンが日常で多いそう。
『焦ると顔と足の裏がこる感じがするんです。以前よりは《インナーアクティベーション・ヒーリング》のお陰もあってか、考え方も柔らかくなって、体調も変わって良くなってきているのは感じているのですが、自分の思い込みが強くあり、きっとこれはそうだ!!と、脳で紐付けてしまってよく間違えることが多いんです。例えば、自分の行きたい駅と反対方向の電車に乗ろうとしたり、。天気によっても気分のムラがあったり。。頭の回転も機転が効かないなぁとなんか思う。そういうことが積み重なると、ものすごーーーく疲れ切ってしまうんです。。』


ほほ〜〜。なるほど。Cさんの遺伝子結果と照らしわせてみると、、

◉精神安定に関わるホルモンの生成がうまく働いづらいから、落ち着かず、焦ってカラダにストレスがかかり、ストレスホルモンが増えやすい。
◉太陽にあたっても、ビタミンDの吸収がうまくいかないことで、精神安定にに関わるホルモン生成がうまく働きずづらい。
◉睡眠ホルモンが生成しずらため、ストレスからの回復力が遅く、カラダが充電するのに時間がかかる。
◉血糖値のコントロールのホルモン生成がしにくいため、脳の海馬の回復がしにくく、過去の思い込みを手放しずらい。
◉光に対する感受性がかなり強く、睡眠の質が悪くなりやすい。
◉やる気や達成感、認知機能に関わるホルモン生成がしずらいため、認識するスピード、思考のスピードも時間がかかる。
◉男性ホルモン、女性ホルモンにリスクがあることで、考え方や捉え方を変えるのが苦手。がむしゃらに突き進みやすい。



と、いろいろ書きましたが、これに共通することは、いろんな方向から神経伝達物質であるホルモンの生成がうまくいかないことが見えてきました。
加えて、神経伝達物質の生成スピードを遅らせる要因として、血液中に老廃物が溜まりやすく自ら活性酸素を生み出してしまう体質、となると、、これまたご自身の心身のバランスをコントロールするのに、かなり大変だっただろうな、、と、頑張ってきたよね、と納得。

『昔から、家族に対して感情のコントロールが難しく、一度怒ると止められないくらいだったんです。パニック障害に陥ることも合ったり。。光に弱っていうのはちょっと驚きでした。実は最近寝室を変えたばかりで、ちょうど真上に天窓があるんです。なので睡眠時に光が入りやすいので、睡眠の質に関係してくるなら、対策を考えなくちゃ。』

睡眠中の環境もホルモンや光感受性にリスクがある方は考えた方がいいかと思います。
ホルモンにリスクがある方は体温調整が苦手ですので、寝室が寒いだけで自律神経バランスが乱れやすく睡眠の質が悪くなりやすいものです。
また、光に弱い方に多いのがちょっとした光で目が覚めてしまって睡眠が浅くなりやすいこと。
ノンレム睡眠とレム睡眠の波がしっかりあることで良質な睡眠が叶いますし、レム睡眠の深い睡眠がしっかりあることで脳神経の修復や思い込みなどの記憶の整理が進みますので、カーテンを二重にするなどして光が入らない工夫が必要ですね。

とは言っても、Cさんの場合、ビタミンDの吸収にもハイリスクですので、光を全部避けることも問題なわけです。
太陽に当たることで、ビタミンDの吸収は高まりますので、朝は窓越しでも日光浴をしていただくことも必要だということも見えてきました。

何事もバランスが大事ですね。

また焦ってしまう、ということで、海外旅行に行く前後でも、焦るシーンがあったそう。
『海外旅行に行くときは、いつも準備に慌ててしてしまうんです。出発の直前まで、荷物がない〜あれどこ行った〜〜と慌ててしまっていました。現地でも、特に計画なく、ノリとテンションでうわーーと回るんですが、帰ってきてぐったりだったんですよね。。』

なるほど。
状況判断に関わる神経伝達物質のドーパミン生成が追いついていないこと、また男性ホルモンにリスクがあることで、状況を考えず、がむしゃらにわーーと行動してしまうカラダの特性もあり、納得です。

逆にどうしたらご自身の心身を焦らせず、ストレスがかからないようにできそうですか?とお伺いしたところ、
『うーーん。。やっぱりちゃんと準備をしっかりすることですかね。こないだも、初詣に出かけようとなんか焦ってしまったのは、神社が夕方にはしまってしまうんじゃないか?となんか焦ってしまって。別に自分で閉まる時間調べていけばよかっただけじゃん、と今気づきました。』

そうですね✨

Cさんの場合、ちょっとしたことでストレスホルモンが増えて、そこから自律神経バランス、免疫と連動して崩れやすいことが見えてきました。

ですが、ヨガティーチャーをされていますので、ヨガのような呼吸に合わせてゆったり動く有酸素運動はCさんのホルモン分泌には、とても合っていました。
すごい!!無意識に自分にあった運動を選んでいた!!

ですがお伺いすると、
『あまりアシュタンガヨガのようなハードに動くヨガは好きじゃなくて、ゆったりじっくり動くヨガの方が好きです。』
と、運動量が多いヨガに抵抗があったそう。
これも、Cさんの運動のモチベーションに関わるホルモン生成がうまく働きづらいことで、苦手意識のあったのかな?ということも見えてきました。

運動時にはどうしても活性酸素が出やすくなります。
Cさんは血液中に老廃物が溜まりやすい体質ですので、ストレス対策をしながら、じっくり動くヨガより、フローのような呼吸をたっぷりとって、ゆったりしっかり動くヨガの方が、代謝が上がって合ってらっしゃることも見えてきました。
『そういえば、胸を開くコブラのポーズが気持ちよくて大好きなんです✨今回甲状腺にもリスクありということで、自然と甲状腺ホルモンを刺激するようなヨガポーズを自ら選んでホルモンバランスを整えようとしてたんだな、と納得です。』

加えて血管にハイリスクをお持ちの方なので、頭が心臓よりも下がるような逆転ポーズは注意が本当に必要です。
また筋肉の柔軟性に関わる女性ホルモンにもリスクありということなので、無理に筋肉を伸ばすようなカラダの使い方は避けた方がいいことも見えてきました。



ご自身のカラダの特性を知ってみていかがでしたか?とお伺いすると、

『ホルモンと自律神経になんかあるのかな?と思っていたので、やっぱりな、と納得です。ですが、活性酸素が溜まりやすいっていうのと、光に弱いし寝てもストレスが回復しずらい、ということは全くわからなかったです。
今のところ、自分にストレスが溜まっているようには思えなくて、よくわからないのですが、実際今日聞いた対策とこれからの体質改善での自分の変化が楽しみです✨』


よかった✨
遺伝子検査を受ける前は、あんなに『自分のこと知るのが恐いです〜〜〜〜!!!!』と、反ベソ状態だったCさんですが、最後は知れてよかった✨と、捉え方が変わっていらっしゃったので、安心しました。

Cさんもそうでしたが、ストレスが慢性化している状態では、なかなかご自身の状態を認識しづらいものです。
なぜなら、その状態が普通になってしまうと、脳の一部が萎縮して、カラダのストレス状態を認識しずらくなるから。

ですが、自分の自覚できないカラダの特性を見える化すると、より今のご自身の心身の状態が把握しやすくなります。
Cさんのようにストレスに対してあまり自覚はなかったとしても、自分のカラダの特性やリスクを自覚できて初めて、回避できる疾病があったり、心身に元気が取り戻されていくことで、より自分の身辺整理が進んで本当にやりたいことに効率よくエネルギーを使っていけるストレスマネジメントも進みやすくなるものです。

自分の心身に負荷をかけないライフスタイルを送るためのきっかけとして、ぜひ《インナーアクティベーション・プログラム》を活用されてみてくださいね✨

これから始まる体質改善でのCさんの変化、楽しみにされていてください✨



日常の中で起こる、自分への『なんで??』ってありませんか??

例えば、、
◉いつもやろうと思っているけど、なかなか後回しになってしまうことがある。自分のだらしない性格のせいだから仕方ない。
◉疲れてロングスリーパー。休みの日は昼過ぎまで寝ているけど、、本当はもっと充実した休日の過ごし方、したいんだけどな。
◉いつも人間関係がうまくいかない。転職しても、また同じようなことが起こるのはなんでなの??

こういうことって、『どうせ自分の性格のせいだから仕方ない。』とか、『自分さえ我慢すれば人間関係うまく回るだろう。』とか、もう変えられないし仕方がないこととして、片付けてしまうことって多くないですか??

意外にもこういったことは、カラダの機能が関係していることが多いものです。
意外ですよね✨

なぜなら、ご自身が自覚できることに関しては、病院に行ったり、サプリを取ったり予測で対策ができますが、ご自身でも自覚できないことに関しては、どう対策したらいいかわからずどうすることもできないからです。

ですが、この自覚できないカラダの機能にどういうリスクがあるのかを知ることで、今まで解決できなかったことが解決するきっかけにつながりやすくなるものです。そして、ほとんどの場合、この自覚できないカラダの特性に悩みの要因が隠れているものです。

それがわかって対策できると、より日常を自分らしく心地よくすごやすくなる場面が自然と増えるものですよ✨

まずは自分の体質に合った健康管理を知るために必要なこと、シェアさせていただいてますので、
55日ダイエットヨガ》体験クラスでお気軽に聞きにきてくださいね✨



《55日ダイエットヨガ》ご参加の生徒さんの変化



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。