慢性的ストレス過多は痩せないだけじゃない。ストレス過多が続くとどうなるの??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


ちょっと前から、いかにストレスホルモンが増えると、一切なにやっても痩せません!!っていうのを口酸っぱく書いてきました。
ジムに通って、一生懸命努力して食事制限・運動して痩せようと頑張ってきた方にとって、ええ〜〜〜っと衝撃的な話だったかもしれません。


ジムに行っても痩せない??//運動も食事制限もがんばっているのに痩せない理由。
チートデイの落とし穴//そもそも食べたい欲求我慢していませんか?
食べ過ぎちゃうのは、自分が我慢できないから??
甘いものがやめられないのはどうして??
食べたい欲求を我慢できない!!//我慢しないで痩せるために必要なこと
食事制限のしすぎは逆に太りやすくなる!?




自分に合わないダイエットを知らず知らず続けていることによって、ストレスホルモン過多になってしまうことってよくあることです。それは、痩せにくなるだけではないんです!!というのを今日は知ってほしい。

◉ストレスホルモン過多は、
ダイエットに好ましくない影響を及ぼす。


激しい糖質制限や負荷のかかる筋トレを行うダイエットを長年繰り返してきたEさん。

55日ダイエットヨガ》に参加してくれ、Eさんの体質を科学的に見える化したところで、まず見えてきたこと。
・自分に合わない食事制限や運動を行なって痩せようとしていた。
・ストレスがかかると戻りにくい要素がたくさんある体質だった。

ことがわかりました。
そこで、まずは自分に合わないダイエットを行なっていた期間に溜め込んでしまったカラダの機能を回復することから始めました。


案の定、ストレスホルモンの分泌が回復してくることで、脳の海馬の萎縮が戻ってきて実際にカラダに起きたこと。
(脳の機能が回復してきたことで、カラダの認知機能が高まっていきました。)

カラダは今まで無理なダイエットや自分の遺伝子情報に合わない生活習慣によって、もうすでに炎症している箇所がいくつかあったようで、
・いきなり手足がむくみ出した。
・頭が急に痛くなり、病院に行ったら、帯状疱疹一歩手前だった。
・栄養をとってもなかなか吸収されず、下痢してしまう。(甘いお菓子や脂肪が多いスナック菓子を、夕飯前にいつも食べてきていたため、食事を分解する酵素が減ってしまっていたこと、また元々の消化酵素にも遺伝子的リスクありでした。)
・マッサージに行くと、一気に血流が流れ全身だるくなる。
・運動のやる気が出たり、と思ったら、急にやる気がなくなって鬱状態になったり、精神的に安定しない。

脳が今まで見過ごしていたカラダの炎症を認識し始めたため、慌ててカラダは腫れたり痛み出したんです。

特にEさんはストレスに対する抵抗力がいろんな方面から崩れやすい方。
さらには、自分に合わないダイエットを続けていたことで、睡眠にも影響が出ており、
・夜眠くならない。
・寝てもすぐに起きてしまう。
・朝スッキリ起きられず疲れが取れない。

その結果仕事でミスをしてしまったり、新しく入ってきた新人さんの仕事の仕方にイライラして当たってしまったり、そのストレスを発散しようと、毎晩お酒を飲んでスッキリしようとしたり、、
『わかっちゃいるけど、止められないです〜〜〜〜〜〜!!!!』
と、悪循環にハマって嘆いていました。

ストレス過多は免疫機能も抑制していきます。
健康的に心身満たされて、美しくなりたいだけなのに、合わないダイエットで日常生活にまで支障をきたしてバランスを崩してしまうって、、なんのためのダイエットやっているのか?よくわからなくなるものですね。。
そして、ホルモンの暴走は、、人生を狂わせます。。
(Eさんだって、別に元々浮き沈みが激しい性格ではないはずなのに、ホルモンが安定しないことで、職場でも恐い先輩だと思われていて、人間関係がうまくいかなかったとか。。)

もっと恐いのは、あのまま合わないダイエットを続けていたことで、ストレスが慢性化して、もっと心身のバランスを崩ししまい、一番自分のカラダの弱いところに疾病という形で現れていたかもしれないってこと。

自分のストレスがどういうところから崩れやすいのか?を知っておくことで、Eさんのように病気につながる一歩手前で回避できるチャンスになるかもしれないってことなのです。
それくらい、ストレスから現代人が引き起こす病につながることって多いものです。


ホルモンバランスが一度乱れてしまうと、それを自分でどうにか整えようとするのは難しいものです。
なぜなら、カラダが自動操縦でバランスをとってくれている機能だから。
じゃあ病院に行けば何か解決するのか?というと、、不調という段階で何かをしてくれるはずもなく、、どう対策したらいいか、よくわからないものですね。

また、ヨガやアロマテラピーなどの自然療法に、自律神経・ホルモンバランスを整えてくれる方法はたくさんありますが、カラダのホメオスタシス機能がしっかり結ばれて、それを活用できる状態に整っているからこそ、効果を発揮してくるものですのです。そのバランスが崩れている状態でいろんな方法を取り入れたとしても、刺激になる可能性はあるかもしれませんが、一時的な効果として現れても、それが持続してカラダに良い影響として積み上がっていくには中々難しいものです。

いろんな方法を取り入れる前に、自分に合ったダイエットを知って、自分の体重が増えてしまうメカニズムを知っておくことでダイエットも方法をこなすだけではなく、自分に合っていて成果が出やすくなる方法が選びやすくなるものです。

自分に合ったダイエットは皆それぞれ!!
まずは自分の心とカラダ知ってから、痩せるプロセスも楽しみながら一緒にダイエット頑張りましょう!!



実際参加された方のカラダの変化はこちら。(了承を得た方のみ掲載させていただきます。)



当協会プログラムである《55日ダイエットヨガ》では、ストレスホルモンを減らして痩せホルモンを増やすのに効果的なヨガ・有酸素運動の特徴を凝縮して、最も効果が出やすくなるクラス構成を編み出し、さらにクラスの精度を上げるために、高精度遺伝子検査を元に、生徒さんに合った運動種類、運動負荷を知ってから、運動プログラムを組み立てております。

みなさん2週間をすぎた頃から、カラダ全体のむくみが取れてスッキリしたり、早い方では、体重が少しずつ減ってくる方もいらっしゃいます。

脳が自然に体重を落とすことを許してくれるメカニズムに沿ってダイエットができると、リバウンド少なく自然に体重が落ちる方がほとんどです。
ハードなトレーニング・食事制限をするダイエットをしてきた方は、みなさんがいつもやられている『ダイエットとの違い』をぜひ体感しにきてくださいね✨

55日ダイエットヨガ》体験クラスでお待ちしております✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。