《インナーアクティベーション・ヒーリング》オンライン・モニター開催いたしました!!//ファスティングしたら発熱・発疹??もしかしたら、ストレスが溜まってたのかもしれません。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


インナーアクティベーション・ヒーリング》オンラインモニター開催いたしました。

本日ご参加頂いたのは、ヨガティーチャーの真理先生✨
真理先生担当クラスのスタジオは▶️こちら

どんなことにご興味を持っていただいたのか?というと、
『なんで見つけたのかわからないですが、えみさんのインスタの投稿を拝見させていただいて、息子さんとのやりとりの投稿に素敵だなぁと思って✨』
真理先生、ありがとうございます。私もなんてきれいな人〜〜と目がキラキラでした✨

お伺いすれば、少し前にファスティングをされたそうで、その後に起こった症状が気になっていたそう。
ファスティング後に体調を崩される方、意外と多いものですね。。

ということで、まずは心とカラダのしなやかさ、体感いただきました。



カラダの軽さを体感いただくために、ジャンプしていただくところでは、『なんか違う〜〜〜笑』と軽やかな笑顔に変わっていた真理先生。✨

内側から細胞を活性化し、心身がしなやかになったことで肩の力が抜けたのか、一気に表情も肩周りも緩んでいました。
カラダからしなやかな状態を《インナーアクティベーション・ヒーリング》で作ってから、改めてご自身の今の状態の意識を向けていただくと、面白いことにご自身の良い一面も思い出したくないネガティブな悩みも、安心して目を向けられる状態になっていくんですよね。

そういう状態になってから出てきた、セッションの中でのお話。

ほとんどの方が、自覚できる心身の悩みに対しては、何かしらの対処をとれる方がほとんどですが(例えば、病院に行ったり、マインドセットの本と読んでみたり)、自覚できていないことに対しては、なかなかどう対処したらいいかわからないものですし、それがあることさえにも気づかないものです。

真理先生自身も、今回ファスティングをしたことで発熱したり、発疹が出てびっくりされたそうですが、目に見えてわかる症状に対してはすぐに病院に行ったそう。

逆になかなか意識できない心身の悩みについては、どんなことをしていらっしゃいますか??とお伺いすると、

『心については、自分一人ではなかなかクリアにできないこともあって、そういう時は大体深追いせず手放します(笑)でもまた出てきたらまだいたか〜〜と思って、もう一回その悩みにチャレンジしてみるんですよね。
ですが、どうしても頭で考えてどうにかしようとしちゃうかも。。一緒にセッションのような学びを深めてくれる仲間がいるのでそれを頼ったりもしたり。。ジャーナリングなども試しましたが、、。』

なるほど。。自覚できない悩みって自分でわざわざ取り組もうとはしたくないものですよね。だから、諦めたり、また余裕がある時でいいや、、と蓋をしたり。。
ですが、蓋を閉めても、また違う現実を通して同じような悩みが大きくなって、自覚して受け入れるまでやらされるわけなんですが。。
そこを受け入れるのが結構きついんですよね。。
わかるな。

ここを解決するにはどうすればいいか?というと、ひとつは、

心とカラダにゆとりを出すこと。

受け入れられるスペースを作ること、なんです。

安心して、蓋をして取り組むことができなかったテーマに、自然に心身が取り組める状態を作ってあげると、不思議と解決の糸口を自分の中から見つけていけるものなんですよね。

そういう自覚できないテーマをなかったことにして、見ないように蓋をするほど、心身にとってはストレスが慢性化していくわけなんですが。
(これ、現代人は忙しいですし、ほとんどの方が毎日スケジュールに追われて、自分の見えないところで起こっていることを整理する時間を中々取れないもんですわ。)

そこで、真理先生自身に改めてご自身でストレスだな、と感じているのかも?ということに意識を向けていただくと、
受け入れている状態ができているので、自然とご自身の中からできてました。

最近やっと『私、頑張り屋さんなんだな。。』と自覚できたきっかけがあったそうで、、例えば、

◉歯医者さんに行った時に、奥歯を噛み締めていませんか?と言われた。
◉やりがいを見出せない仕事を続けていることがもしかしたらストレスなのかな?
◉ずっと座っている状態はカラダに負担かかっているよな。
◉ヨガの先生をしているけど、整体の先生に呼吸が浅いって言われた。
◉頑張っている自分が好きなのか??わたし。
◉何かを達成するには、努力しないとよりよくならない。と感じている。そしてそれを自分は何年繰り返してきちゃった
(👉すごい!!自分にストレスをかけている見えていない心の捉え方まで、短期間でしっかり認識して受け入れていらっしゃいました✨)

このセッションの短時間の中でも、『心とカラダのゆとり』が生まれたことで、ご自身でうまく流れていないところが自然に安心して自覚できるようになったこと、また、今の自分のストレス状態をありのまま受け入れて認識して受け入れることができていらっしゃいました。

ここが大事なポイントです。認識できて気づくまではできいていたとしても、ほとんどの方は『受け入れること」が中々難しいものです。そして、受け入れることが進まない場合、また同じようなテーマで悩んで考え込んでしまうものです。
(👉これが真理先生の言う、何年も同じことを繰り返してしまった要因の一つです。自分のことって自分がよくわからなかったりするものですね。。)

また『受け入れること』をするときに、必ず痛みが伴うものなんです。
痛いからこそ、やはり皆さん避けてしまったり、見ないでそのまま何年も自分の中に持っていて、何か現実を通して、自分の自覚できていないところで繰り広げられていることを見える化して、爆発させる方って多いものですが。。
例えば、人間関係のトラブルだったり、金銭的トラブル、親子関係、パートナーとの関係、などなど、爆発させて気づいて受け入れられればいいですが、またそこで『受け入れ』が進まない場合は、同じことの繰り返しですね。。
また、溜め込んで大きくしてから対処すると、受け入れるまでに時間がかかってしまうもんです。。
(私もパートナーとの問題を見ないように大きくして爆発しましたが、受け入れるまでに3年はかかりました。多分、インナーアクティベーションがなければ、一生元夫を恨んで人生終わっていたんじゃないか?くらいのレベルの現実が起きましたわ。。)

ですが、インナーアクティベーションのサポートがあると、自然に受け入れられる『ゆとり』が生まれると、カラダから痛みを最小限に抑えながら『受け入れ』を進めていきますので、痛みが少なく、気づいたら心身軽くなって、柔らかくなっていた〜ってスッキリしていくものなんですよね✨

◉自分の状態をニュートラルに自覚して受け入れて初めて、
自分はどうしたいのか?
新しいライフスタイルを創造するきっかけになるものです。


インナーアクティベーション=内側が活性化することで、ストレスがかかり、流れが滞るところがどこにあるのか?を知ることは大事です。
ですが、インナーアクティベーションだけでは、『目に見える形ではないのでわかりにくい』という方も中にはいらっしゃいます。
そういった方には、高精度遺伝子検査を活用して、どこにストレスがかかる要因があるのか?見える化することで対策しやすくなるものです。

なぜなら、遺伝子情報を見れば、ご自身が元々持っている特性に対して、ご自身が無意識にやられている食生活なのか?生活習慣なのか?考え方なのか?ストレスをかけているポイントを知ることができるから。

当協会《インナーアクティベーション・プログラム》では、高精度遺伝子検査を活用して、自分の自覚できないカラダの特性を見える化することで、その人の中の何がストレスを引き起こすきっかけになるのか?を紐解き、その方に合わせたライフスタイルのアドバイスをお伝えしております。

それがわかると、自覚できなくて対策が取れなかった部分の対策がしやすくなりますので、自分に合う健康管理が格段と選びやすくなるものです。


頑張ることが美徳だ、と教えられてきた日本人は、本当に頑張り屋さんが多いものです。
ですが、常に頑張る状態=ストレスが慢性化してしまうことで、ストレスホルモン過多になり、その状態が続くことで副腎疲労から、知らない間にカラダに炎症が起きていた、ということも多いのが現代人。
(原因がわからない発熱、手足のむくみ、発疹、アレルギー症状など、知らぬ間にストレス過多で免疫が落ちてそういった症状が起こる方も中にはいらっしゃいます。)

ストレス社会と言われる現代は、自分の健康を守るために、自分にあったストレス管理は必須です。
ですが、健康情報は溢れており、何が自分にあって何を基準に選んでいいか、よくわからないものですよね。

『これよさそうだな✨』と思う健康法や美容法を真っ先に試すよりも前に、自分のカラダに何が合うのか?を科学的に知って、自分を真ん中に置いて自分に合う方法を選ぶ方が、時間も金銭的にも無駄にならずに成果につながりやすくなるものです。

私でよければ、皆さんがご自身の健康を守るために必要なことを知るお手伝いさせてくださいませ🙏


わたしの症状なんでかな??それ、体質改善が必要かもしれません。
《インナーアクティベーション・プログラム》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ

※当協会の運動プログラムは、高精度遺伝子検査を活用し、自分に合った運動種類・運動負荷を知ってから、一人一人一人に合わせたカスタマイズクラスを行なっています。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。