自分の心とカラダを知ることは恐いこと??//遺伝子検査は自分の心身に合った暮らし方に変えるきっかけです。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『自分の遺伝子情報を知るって、もう後戻りできないから知るのが恐いです。。だって遺伝子って変えられないじゃないですか。。』

意外にそういったお声をカウンセリングしていると、耳にします。

ほとんどの方が、
『遺伝子にリスクがあったら、一生変えられないものだから、もうしょうがないって諦めるしかない。』って感じていらっしゃる方が多いのかもしれません。

もちろん、わたしも最初はそう思っていました。
わたしも遺伝子情報を知ったら、一生変えられないものですし、人生諦めるしかない。。となんか思っていたんですよね。


ですが、よく考えたら、今の私を作っているものって、遺伝子情報だけではないわけで。

遺伝子情報の他にも、
毎日何を食べているのか?(骨や臓器や血液や、カラダの材料ですし、そういう物質的なこと)
どういう環境で生活しているのか?(今までどんなお父さんやお母さんに育てられてきたのか?とか、暮らしている環境も含めて。)
どういう考え方・捉え方を持っているのか?(なんでそういうものの考え方や捉え方をしているのか?など)
が、掛け合わさって、今の自分が作られていますね。
これはヨガの ※1)人間5臓説にも出てきます。

※1:人間はアンナヤマコーシャ(カラダ)プラナヤマコーシャ(呼吸)マノーヤマコーシャ(感情)ヴィジュナマヤコーシャ(心の潜在意識)アナンダマヤコーシャ(変わらない部分・本質)という5つの鞘から作られているという教え。



ヨガの5臓説に当てはめて考えてみると、その内、遺伝子情報はアナンダマヤコーシャ(一生変わらないこと・本質)に当たりますね。
ですが、遺伝子が今の心とカラダに与える影響は1割〜3割、その後の生活習慣が7割〜9割と言われるほど、
毎日どういう物の考え方をして、どんな生活習慣をして暮らしているのか?のライフスタイルからの影響の方が明らかに大きいのです。

ですので、遺伝子情報にリスクがあるから、『病気のリスクが上がる。』とか、『こんなカラダに生まれた自分はダメなんだ。』と、落ち込まなくてもいいいうことなのです。(もう一度言います。わたしも最初はそう思ってましたが。。笑)
一生変わることのない自分のリスク遺伝子を知っていることで、そこに負荷をかけない生活習慣に変えることで、いくらでも自分なりカラダの機能をアップさせて、心地よく暮らせるようになる、と体感したからこそみんなに伝えたい!!!

それくらい、カラダから分泌するものが変わるってパンチ効いていたんですもん。

例えば、わたし自身、よく小さい頃からジュースをこぼして怒られていたんです。
『お前はいつもよく周りをみていない。』『落ち着きがない。』ってよく父に怒られていたので、そういうのは性格だからしょうがない、両親にも片付けられて終わっていることがほとんどでした。

ですが、もし、
『小さい頃からずっとそうだからしょうがないな』とか、
『昔からのわたしの性格だし変えられないよね。』と感じていることがあるとしたら、もしかしたら、それは、カラダの機能が影響して、自分の遺伝子情報に負荷をかけている生活習慣を無意識にしているからかも?ということを知るチャンスかな、とわたしは思います。

実際、遺伝子情報を調べてわかったこと。
なんで小さい頃からよくジュースをこぼしていたのか?というと、認知機能にも関わるホルモン、ドーパミン分泌の受容体がうまく働いていないことが理由でした。

他にもよく足のすねをぶつけて青タン作っていた。。
ドーパミン分泌がうまく働かなかったから、『うまく周りの状況が認識できなかった』なんて、この方38年間、知らなかったですもん(笑)

なので、遺伝子情報を知るっていうことは、自分も理由がわからない『自分のカラダの中で起きていること』が目に見えてわかりますし、弱いところがわかったら、後はそこに負荷をかけないように、自分に合わない生活習慣を工夫すればいいのです。
それは、自分の遺伝子情報がわからないことには、何を加えて、何を辞めたらいいのか?わからないからこそ対策が取れないだけだった、ってこと。

生徒さんの体質改善の変化を拝見させていただいていますが、意外にも、住む環境や合う食べ物はもちろん、合うパートナー、合う働き方など、これから先の人生を改めて自分を真ん中に大事にして、「何が自分に合うのか?」を考えるきっかけにつながるかもしれません。

自分の心身に合った自然な暮らし方、一緒にはじめませんか✨

心とカラダの滞りを正常化!暮らしの中に取り入れられる
《インナーアクティベーション・ヨガ》
◉朝ヨガ/夜ヨガ オンライン ドロップインでどうぞ✨
▶️こちらからどうぞ


ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

体験クラス開催中!!下記載より、お好きなクラスをお選びください🙏
▶️こちらからどうぞ



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。