自分と繋がるってなんだろう?//お互いの自分と繋がった体験を聞いてみよう!!おはなし会開催しました。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


ヨガ好きが集まるおはなし会。
テーマ 〜自分とつながるって何??〜

開催しました。

今回は日々、自分とつながる体験を日常でされているヨガの先生達が参加してくださいました。

みゆき先生情報はこちら
直子先生情報はこちら

お二人とも、心とカラダの循環を進める《インナーアクティベーション・ヒーリング》を日常で活用されていますので、いろんな自分とのつながりを感じる体験をシェアしてくれました。
誰かの体験談って、これまた自分の経験が増えていくような感じで一番勉強になるんですよね✨

セラピストでもある直子さんから。
『ヨガもマッサージも結局やっていることは同じだなって最近感じるんです。そういう話を職場でもしますしね。
近所にピアノの先生がいるんだけど、彼女もピアノの練習って自分と向き合うことだっていってて。でもそう言う話を通じる人と通じない人がいるから、人をみて話さないといけないなって思います。』


意外に、自分とつながることや自分を知ることに関して、なかなか話せる場ってないんだよね〜って言うのが共通する意見でした。なかなか自分をさらけ出していいよって言われてそう出せるものではないですね。。

『確かに、ヨガやっているっていうと、体型維持とか大変じゃないですか?って聞かれたことがあり、一般的な方からするヨガのイメージとヨガを教える側とのギャップってあるのかなって感じます。』とみゆき先生。

確かにそういったギャップを埋めることも、教える側として必要ですよね。
まあ、最初はわかりやすいカラダの柔軟性やダイエットっていう観点からヨガを伝えていくことも必要なのかなって最近わたしは感じます。その体感があると後でつながりやすいですしね✨

実際、みなさんがどんなシーンで日常での自分とのつながりを感じているのか?をお伺いしてみました。

直子先生
『わたしはセラピストをしていると、初めてのお客様を施術させていただくことがとても多いんです。相手を鏡のようにして、自分の状態をみるきっかけになっている。例えば今日は3人施術するって決めると、その通りになる時があるし、3人施術するって決めても、全くお客様に入れない時もある。そんな変化が自分の見えていないところの本音とつながっているようで面白いなって思うんです。』


なるほどな✨

みゆき先生
『わたしはこの1年、新居に引っ越したり改めてお金の使い方を意識したり、日常の質をあげることを初めてアップデートしたような毎日でした。以前だったら、特に何も考えずにポンとお金を使うことが多かったのですが、今は納得できたものに日々丁寧につながって選んでいる感じがする。
自分の意見を持って、選べるようになって、日常が自分とつながって作られている感じに今はなっているんですよね。
直子さんは仕事を通してですけど、わたしは日常の体験を通して自分と自分とつながっているのだな〜って。』


お二人がいらっしゃる環境は全く異なるにせよ、共通するのは、自分とつながっているからこそ、環境や相手を通して自分の状態が良くわかるってことですし、相手の意見も取り入れながら、納得して自分の意見も大事にできる安心感があるのかなってわたしは聞いていて素敵だな〜と感じました。

みゆき先生は、自分とつながりを取り戻す日々を通して、特にカラダの変化も感じていらっしゃいました。
『以前は生理痛が重かったんです。そういうことから、ヨガも続けていたんですが、最近調子がいい!!なんでなんだろ??ってずっと考えていたんですけど、ハッと気づいたんです!!意識が柔らかくなったんだって!!
意識が柔らかくなったことで、カラダが開くようになった。だから生理の時の骨盤がスムーズに柔らかくなってさっと開いてさっと流れるからなのだ、ってなんか思いました。』


おおお✨自分とつながっているからこそ、自分なりの体験を通して正解が見つかるものですね✨

ここでヨガスートラの本の一説とみなさんの体験を照らし合わせてみました✨
最初の冒頭である一説。

◉3.その時、見る者『自己』は、
それ本来の状態にとどまる。

それ以降に書かれている内容は、今回参加してくれたお二人の体験談と、とても共通するものがありました。
(ぜひご興味ある方は読んでみてください。)

お二人にお伺いすると、
『そうかも!!』『わたしもそう感じます!!』とのこと。

『自分とつながれている時は、日常で自分で自分を動きながら観察しているような感じですもん。』まさにその通り!!

私自身は、自分とのつながり度を映画に例えて話してみました。
自分とつながれている時っていうのは、映画の後列でそれを俯瞰してみているような感じ。自分とつながりが曖昧な状態ですと、映画館の前列で物語に入り込みすぎて、もうエモーショナルに現実に一体化してしまっているから『あいつのせい!!』『ムカつく!!』って、感情的になってしまって、我を忘れているような感じ。

この話をすると、直子先生が体験を話してくださいました。
『わかる!!私自身、去年鬼滅の刃を子供と10回もみて(笑)→すごい!!
最初はジャージャー泣いたんだけど、最後の方はストーリーがわかってきて段々落ち着いてきてみれるようになってきたんだよね。でも毎回感動はするんです。もうこの話、ヨガじゃん??って感じてしまって(笑)』

確かに本当にそう。わたしも鬼滅の刃ハマって同じこと感じていました。自分と繋がれば繋がるほど、日常の出来事を、映画館のどんどん後ろに下がってみていくようなそんな感じです。
繋がるほどに、今まで見えなかったことが見えたり、また違った視点が持てたり。

ヨガスートラにあるように、自分の心の色を取っ払って現実を見ることができたら、本当に心身ストレスなく自由なんだろなって感じます。
そして、そうなるためには、まずは心身を循環させて軽くしながら日常生活を体感することで、自分だけの心の色が見えてくるものだなってお二人の話を聞いていても感じました。

おもしろい!!全く異なる環境にいる私たちだけれど、同じように一本筋が通った『ヨガ』が垣間見えるおはなし会でした。

お二人に参加してみてのご感想をお伺いしました。
『なんか色々はなして面白かったし、なるほどな〜と感じることが沢山ありました✨』
『なかなかヨガのことをしゃべる会がないし、他の先生の話も聞くタイミングってないので、また色々聞いてみたいです✨』


ありがとうございます✨
オンラインサットサンガ(インドでいう井戸端会議)のような感じで、みなさんの体験が聞けて、知恵が倍に増えた感じ!!
次回もゆるーくおはなし会を開催しますので、ぜひお気軽にウェルカムです✨

◉ヨガ好きが集うおはなし会
ヨガ先生はもちろん、ヨガが好きな方、自由にこの場を通して自分とつながる体験をシェアし合いませんか?
次回12月26日(日)21時〜 オンラインで開催します。
お申し込みは▶️こちらからどうぞ



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。