ストレスで過食がやめられない//ストレスで食べたくなるもの⓵こってりフレンチフライポテト(チーズソースがけ)。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



ストレスが溜まると無性に食べたくなるジャンクフード。

わたし、シェイクシャックのフレンチフライチーズがけが大好きなんですよね。。

大体いつもストレス溜まった時は、こってりチーズ系の物(ピザやチーズホンデュ、チーズたっぷりのパスタ、チーズナンなど)が食べたくなるんですよね。

もう止まらない。

ストレスが溜まると、カラダはストレスホルモンを分泌しますが、慢性的にストレスホルモンが分泌された状態は、食欲や血糖値ののコントロールが難しくなることで、脂肪が溜まりやすくなる。。

特にファーストフードや甘いものを食べることで、
おいしいいい!!!!幸せ!!!って脳が一時的な達成感や喜びを感じる擬似的ホルモン分泌を促します。

体質改善してわかったのは、わたしは抗ストレスの要であるホルモン、セロトニンやドーパミン生成にハイリスクなので、そういったことからストレスがかかった時は、こってりフライドポテトや無性にチーズたっぷりなものが食べたくなって、ホルモン分泌して補おうとしていたんだなぁと気づきました。

ダイエットを成功させるコツは、ストレスホルモンの分泌をしっかりコントロールすることが必須です。

。。。
『まあ、たまにはね。』と思って、体質改善中に我慢できなくなってガッツリチーズポテト食べたんですが、、

食べてた時は『おいしい幸せ✨』って思っていたのに、その後、カラダがだるくなって、眠くなって気持ち悪くなって、仕事が手をつけられない状態に。。
『え。。今までカラダにとって、こんな負担をかける食べ物だったの??』と体感してからは、食べるのやめました。
(どうしても食べる時は、食べる前に血糖値コントロールをするために良質で安全なアミノ酸を飲んだり、カラダに負担をかけないように水素を飲んだり工夫してから、食べます。)

ストレスコントロールの一つに、有酸素運動やゆったりしたヨガ、深呼吸などがオススメです。
ぜひ体験クラスをご活用くださいね✨

ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
✔️体験クラス ドロップインできます。

自分に合ったダイエットに何が必要なのか?のポイントをぜひチェックしにきてくださいね✨
▶️こちらからどうぞ



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。