糖質制限ダイエットは必要なかった?//自分の体質がわかっていると、いろんな方向からダイエットアプローチしやすくなります。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



《55日ダイエットヨガ》ご参加のSさん。継続で通われて3ヶ月目突入です。
55日終わった時点での体重は53.5キロ

生理前の期間を経て、生理が終わったタイミングで送ってもらった体重はというと、、
54.1キロ。
600グラム増えていました。
また、健康診断で再検査することになったそうで、運動できなくなくなってしまいました。

『生理中に気が緩んでチョコを食べてしまったので、結果増えてます。。今日から検査でヨガできなくなるから、やってしまった。』
まあ、そんなこともある。

Sさんの場合は、ダイエットをする上で、気をつけなければいけない要素が多い体質です。


◉血糖値を下げるホルモン生成が難しいため、血糖値のコントロールが難しく、脂肪が増えやすい。
◉痩せホルモンの生成が難しく、ダイエットのモチベーション・集中力が、維持しにくく、食欲抑制・睡眠回復しづらい。
◉ストレスホルモンの生成が難しく、血糖値コントロールや食欲抑制、脂肪蓄積などの影響が出やすい。
など、ホルモンバランスから痩せづらい体質をお持ちです。

痩せホルモンは、運動することで分泌しやすくなりますが、できないということは、もう、

◉睡眠から痩せ体質を目指そう!!

ということで、睡眠の質をあげて痩せ体質になるサポートに変更しました。

睡眠には、ホルモンバランスがかなり関わっているため、ホルモンバランスを整える食事とそれをサポートする良質で安全なサプリに変えていただき、スタート!!


《改善前》

ほとんど上に向かう山がないため、気絶して寝ているご様子。
下に向かう波は、ノンレム睡眠(成長ホルモンを促し、カラダの修復をする時間)が多いということになります。
また、上に向かう波がないということは、脳の海馬が必要な情報といらない情報を整理して、短期記憶から長期記憶に変わる時間だそう。この時間がないと、海馬が萎縮したままなので、ストレスホルモンのコントロールが難しくなります。
(海馬がストレスホルモンをモニタリングして、適切な量が分泌されているか?コントロールしています。)

Sさんが痩せにくい理由は、睡眠中の海馬が修復する時間がほとんどなかったことで、ストレスホルモンのコントロールが難しかったから、痩せずらかった、ということが見えてきました。

で、改善して、2日後。


おおお✨一気にレム睡眠が増えて、睡眠中の海馬の修復が行われるようになりました。
また、2日後。



おおお。深い睡眠と浅い睡眠の割合のバランスが半々になってきました。
と、ここで、萎縮していた海馬が戻ってきたことで、ホルモンバランスが変わり、カラダの認知機能が上がったことでSさんの手や唇がむくみだしてきました。(以前検査されたようで、アレルギーではないとのこと。)

なぜこのようなことが起こったか?というと、本当はすでに炎症して腫れていたはずのSさんのカラダですが、ストレスが慢性化していたことで、副腎が疲れてストレスホルモンの分泌が追いつかず(さらにSさんの場合は、直接的な副腎皮質ホルモン生成にリスクありでした。)、カラダが認識できなかったため炎症反応が起きずらかった、ということです。

若干浮腫んではいますが、カラダがよくなるプロセスで起こる変化ですので、このまま炎症を修復するために、必要な栄養素をしっかり取りながら12時前に寝て成長ホルモンをしっかり分泌するように心がけながら、続けてもらうことにしました。

これも、Sさんの遺伝子的体質がわかっているからこそ、違う方面からのダイエットアプローチができることだな、と思いました。
それがわからない場合、なぜそのようなことが起きているのか?予測することしかできないもので、焦ってしまいますよね。

自分に合っているものは、その人なりのカラダの変化が少しずつみられるものだなぁと、改めて感じました。

引き続き、Sさんお睡眠リズム。体重の変化をお楽しみに✨


ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
✔️体験クラス ドロップインできます。

自分に合ったダイエットに何が必要なのか?のポイントをぜひチェックしにきてくださいね✨
▶️こちらからどうぞ





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。