ストレス対策にウォーキング!!//てくてく歩いて痩せホルモン分泌をサポート

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



てくてく歩いて、ストレス対策✨

私の家からコンビニは、若干距離があるんです。
お水を切らしてしまったので、いつもは自転車でいくのですが、今日は時間があるので歩いて行きました。



一定のリズムで淡々と歩く。
このリズミカルに歩くことは、抗ストレスの要であるセロトニンが分泌されやすくなり、ストレス対策には持ってこい!!
また、太陽の光を浴びることで、セロトニン生成に必須なビタミンDの吸収が行えますので、一石二鳥です。

とは言っても、わたしの遺伝子体質的には、太陽にあたったとしても、ビタミンDの吸収が難しいハイリスクな体質。
自分の体質を知った上で、自分に合った必要な運動を続けています✨

特に日本人はこのビタミンDの吸収にリスクがある方がほとんどだそう。そのためセロトニン生成がうまくいかないことで、ストレスに弱かったりする方が多く、うつを発症する方が多いのではないか?という研究結果もあるそう。
(私の生徒さんの遺伝子検査の結果も、今の所全員がビタミンDの吸収にリスクありでした。)

ダイエットは我慢がつきもので、きつい運動や食事制限をしないと痩せない!!と頑張っている方ほど、ストレスを溜めて痩せずらくなっている方がいらっしゃいます。

自分の体質を知って、自分に合った運動種類や負荷にするだけで、ストレスホルモンが減って痩せ体質に変わりやすくなるものです✨
みなさんの日常が、日々健やかでいられる情報をこれからもシェアさせてください🙏


ジムに行っても痩せない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
✔️体験クラス ドロップインできます。

自分に合ったダイエットに何が必要なのか?のポイントをぜひチェックしにきてくださいね✨
▶️こちらからどうぞ





おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。