慢性的ストレスに気づけなかった⓷//ストレスを貯め続けた結果、カラダが慌てて炎症し出した!!

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』

今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。

真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。
『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』

ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。

前回まで。
慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。▶️こちらからどうぞ
慢性的ストレスに気づけなかった⓶//自分に優しくするコツがわかるようになった!!▶️こちらからどうぞ


Eさん、体質改善をはじめて1週間ほど経ちました。
ここでEさんの体調に異変が起きてきました。

『顔に吹き出物と歯の痛みが現れていること、ピリピリした痛み、リンパの腫れなどから、皮膚科を受診してきたところ、帯状疱疹との診断を受けました。ストレスと過労が原因だそうで、やはり相当無理をしていたのだなと感じます。
また、このタイミングで帯状疱疹になったことも《インナーアクティベーション・ヒーリング》のデトックスの一つのように感じています。ストレスと過労の結果、こんな辛い状況になっているので、やはり仕事の仕方や、生活習慣を見直す必要があると痛感しました。栄養をとって、安静にするようにとのことですので、ゆっくり休みたいと思います。』


インナーアクティベーション・ヒーリング》でカラダから心の柔軟性が作られていたからこそ、ご自身の症状に対して慌てることなく落ち着いて必要なことを対応できていらっしゃいました。それでも、かなり痛いとおもます。

帯状疱疹になる、ということは、かなりカラダの免疫機能が下がっていますよ〜というサインです。
また、なぜこのような症状が起きたのか?をEさんの体質と生活習慣から推測すると、、
今までかなりの慢性的ストレスが精神的にも肉体的にもかかっていたことで、ストレスホルモンの分泌過多な状態が続いていた。その結果、ストレスホルモンの分泌をモニタリングしている海馬が萎縮していたことで、カラダの認知機能が低下していたことが推測されます。
また、Eさんは体質的にもストレスホルモンの生成がうまくいかない上に、ストレスがかかると、回復するまでに時間がかかる体質。(ストレスホルモンの適切な分泌はカラダの生体リズムを整えてくれます。)

ストレスが多い生活環境によって(特にお仕事の人間関係など)、一生懸命、カラダを守ろうとストレスホルモンを生成しても生成にハイリスクのため追いつかず、副腎疲労が起きていたのでは?ということも見えてきました。
そうなると、カラダの生体リズムが狂いやすくなります。
今まで、かなりのストレス状態で、すでにカラダに炎症反応が起きていたはずなのに、ストレス過多によってカラダの認知機能が落ちていたことで、カラダの炎症反応がスルーされてしまっていた可能性があるかもしれません。
今回、体質改善が進み、ホルモン生成が増えてきたことで脳の認知機能が上がり、慌ててカラダが『やばい!!ここ炎症起きてるよ!!』と認識しはじめた、ということが推測されます。

また『特に季節の変わり目はアレルギー反応がある。』ということでしたが、ストレス過多によって免疫機能が落ちていたことにより、アレルギー反応が起きていたのではないか?ということも併せて見えてきました。
Eさんに合った体質改善は続けていただきながら、カラダに炎症が起きている時に生活の中で取り入れていただくこととして、
◉環境のほこりをしっかりとる。▶️かなり免疫が下がっている状態ですと、少しのほこりや花粉でも反応が出てしまうため。
◉カフェイン・糖質が高い食事・加工食品・刺激物などを控える。▶️ストレスホルモン生成に関わる副腎に負担がかかるため。
◉ブルーライトを避ける▶️お仕事環境がパソコンを常に使用する環境のため、網膜からの光により、ホルモンバランスが狂いやすいため。

なども併せて気をつけていただきながら、カラダを休め栄養をとって続けていただきました。



《2週間後》

『思い切って仕事を1週間休みました。これ本当に治るのかな??という不安もありました。
本当に痛くてしょうがなかったのですが、お医者さんの方から1ヶ月くらいはかかります、ということでしたが、日々顔を見る度に、あれ?昨日よりよくなっている、というのがよくわかり、2週間くらいで腫れが減りました。あまりの速さの治り具合に驚きです!!』


てっきりしっかりお休みをとるだろうと思っていましたが、ちょっとよくなって来たところで、早速、仕事復帰をしようとしていたEさん。
痛いはずなのに、それでも仕事に行こうとしている頑張り過ぎてしまうEさんの癖は、しっかり遺伝子情報の『男性ホルモンにハイリスク』というところにも出ており、こんなところにも見え隠れしていたり(笑)
カラダの炎症を自然にリリースする体質改善メニューも取り入れたことで、格段と治りが早かったので一安心でした。

ですがお休み明けに職場に戻ると、嬉しいこともあったそう。
『休んでしまったことで、仕事が溜まっているだろうな、と憂鬱でしたが、一生懸命仕事を教えた部下が、私が休みの間にこなしてくれていたり、と、こうやって自分が頑張ったことは自分に返ってくるのだな、とうれしかったです✨』

この帯状疱疹があまりにもパンチが効いた体験だったようで、これをきっかけに、働き方について改めて考えるようになったEさん。

そうこうしているうちに、急遽部署異動の話が持ち上がり、『えええ〜〜〜〜』と落ち込むEさん。
今までどんなに嫌でストレスがかかったとしても、会社側の事情に併せて、異動を受け入れてきました。
その度に、『おれ、こんなんじゃだめだ!!』と自らの心身を奮い立たせて頑張ってきました。
ですが、今回ばかりは、『もう、私、これ以上頑張ったら倒れてしまう。。』とその状況を落ち着いて俯瞰できて受け入れられたそう。

ここからいつもとは違う行動を取れるようになっていらっしゃいました。

続く。

ジムに行っても痩せない?
それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
◉体験クラス ドロップインでご参加できます。(1回限り)


月・水・木・金・土
【クラス内容】
・10時〜11時
ダイエットヨガ/インターバル運動プランク
・13時〜14時
ダイエットヨガ/インターバル運動ハーフスクワット
・20時30分〜21時30分
ダイエットヨガ/有酸素ヨガフロー


※曜日によって内容変更あり。お問い合わせください。
※同業の偵察目的のご参加は、お断りしております。
心とカラダのプロフェッショナルがご参加いただけるプログラムもご用意しておりますので、
もしよろしければそちらをご案いたします。

:参加費 お一人 1,100円(税込)

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。