慢性的ストレスに気づけなかった⓵//タフな性格?ストレスをそんなに感じていないと思っていた。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『ストレスはそこまで感じていない。』『季節の変わり目は、いつもアレルギー反応がある。』『ホットフラッシュがひどく、寝付けない。』『PMSの症状が重い。』

今回遺伝子検査カウンセリングにご参加いただいたのは、キャリアウーマンでバリバリお仕事をしていらっしゃるEさん。

真面目な方で、とてもスキルの高い方。上の立場の役職ということもあり、仕事もバリバリこなしていらっしゃいます。
『自分はタフな人間だと思っていますし、周りからもそう思われていると思います。なので、ストレスがかかっていると言われても、よくわからないというのが正直なところです。』

ストレスに対しての自覚はあまりない、ということでしたが、カラダからいろんな不調のサインは出ていらっしゃることには気づいていらっしゃいました。

『数年前から、夜寝ている時に汗びっしょりになって中々寝付けず、睡眠不足が続いたことがあり、更年期の症状だと知りました。病院でホルモン療法を行っていることもあり、それで症状が押さえられていることもあります。
長年苦しんでいた生理前のPMSの症状は、《インナーアクティベーション・ヒーリング》を毎日施術して、4ヶ月目くらいからほとんど気にならなくなりました。


インナーアクティベーション・ヒーリング》はカラダを循環させることで心を軽くし、しなやかにするテクニックです。
心身が循環することで、特に生理周期によって黄体ホルモンが増えるPMS期間のカラダのだるさや、イライラが解消された!ストレスに感じる場面が減った!という方、本当に多いんです。

また、生理周期にも関わる女性ホルモンエストロゲンは、血糖値のコンロトールにも影響を及ぼし、自律神経バランスにも影響を与えています。
Eさんの場合、このエストロゲン生成にリスクがあったり、血管に関するリスクもあったことから、より自律神経バランスが乱れやすく更年期の症状がでやすくなったのではないか?ということが見えてきました。

エストロゲンは、年齢とともに分泌が減っていきます。
また心の柔軟性にも関わってホルモンですので、年齢とともに考え方が頑固になったり、新しいことを受け入れることが難しくなったりしやすくなるのは、このホルモンの影響によることも考えられますね。

カラダの機能としては、女性ホルモンの分泌が減ってくることは自然なことですので、他のことで何かできる対策を考えられると、より日常を過ごしやすくなりますね。

さらにお話をお伺いする中で見えてきたのは、Eさんのお仕事環境は、かなり肉体的精神的にストレスがかかることが多い、ということ。
『朝9時からお昼休み1時間を挟んで夜21時近くまで、パソコンの前に座りっぱなしですし、動くといっても、書類を取る時ぐらいでしょうか?一日中パソコン画面を見ています。
また、山積みの仕事をガンガン片付けていくので、それが普通になってしまっています。また、お昼休みもスマホをずっと見ていますし、仕事帰りも電車の中でスマホを見てしまいます。』

検査結果からも、男性ホルモンにハイリスクと出ていました。この遺伝子にリスクがある方に多いのが、一つのことをがむしゃらに頑張ってしまうこと。
Eさんの場合、それをコントロールする遺伝子もハイリスクとありましたので、かなり頑張りすぎてしまうとコントロールが難しいということが見えてきました。これはストレスがかかっていたとしても気づきにくいはずです。
また、ブルーライトを一日中浴びているお仕事環境ですので、網膜から入る強い光によってホルモンバランスが崩れやすく、さらに脳にストレスが溜まりやすい、ということも見えてきました。

逆にお休みの日は、どのように過ごされているのですか?とお伺いすると、、
『本屋に寄ったり、、。気になっていた本を立ち読みするつもりが、あっという間に1時間経っていて、足が棒でした。休むためにカフェに入りましたが、そこでも友人に手紙を書くのに集中して、あっという間に1時間半。脳はフル回転です。
仕事じゃなくても、やりすぎてしまう癖が出てしまいますね。ぼーっと緩むってどうすればいいのか?と考えてしまう始末。。』

頑張ることが当たり前になっていると、逆に緩んでリラックスしてください、と言われてもよくわかりませんし、例えそうしたとしても、リラックスしている自分がサボっているんではないか?と罪悪感を感じたりしてしまうものです。
(これ私もそうでした!)

そこでEさんにまずアドバイスさせていただいたのは、
◉ブルーライトカットメガネで目を守ること。▶️これはすでにメガネに搭載していらっしゃいました。
◉仕事のお昼休み、帰る電車の中では、必要最低限のスマホ使用にして目を休める。
◉なるべく緩む時間をこまめにとる。または、緩む感覚になれるものを日常に取り入れる。
そのほかにも、Eさんにあった食事の食べ方や合う運動法、カラダの機能を底上げする良質で安全なサプリをとってもらい、体質改善を始めてもらいました。

Eさんのカラダが変わり、心が変わり、人生が変わる変化、楽しみです✨

ジムに行っても痩せない?
それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》
◉体験クラス ドロップインでご参加できます。(1回限り)


月・水・木・金・土
【クラス内容】
・10時〜11時
ダイエットヨガ/インターバル運動プランク
・13時〜14時
ダイエットヨガ/インターバル運動ハーフスクワット
・20時30分〜21時30分
ダイエットヨガ/有酸素ヨガフロー


※曜日によって内容変更あり。お問い合わせください。
※同業の偵察目的のご参加は、お断りしております。
心とカラダのプロフェッショナルがご参加いただけるプログラムもご用意しておりますので、
もしよろしければそちらをご案いたします。

:参加費 お一人 1,100円(税込)

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。