食欲が止まらない!!//食欲の秋✨食べたいなら気をつけることとは??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


暑い夏も終わって、食欲がない季節から一気に過ごしやすくなり、美味しい食べ物がわんさか集まるこの季節。
実りの季節と言われるほど、特に秋から冬にかけては果物や根菜類が旬ですね。

注意したいのは、フルーツや根菜類は糖度が高く、空腹時に一気に食べてしまうと、一気に血糖値が上がって脂肪が溜まりやすくなるってこと。
一気に血糖値をあげてしまうと、カラダには、ものすごくストレスがかかります。
そのため、ストレスがかかることで、ストレスホルモンが分泌されると、さらに血糖値をあげてしまうという働きがあ流のです。
そうなると、再び血糖値を下げるホルモンの分泌が必要になり、血糖値をさげる時に、脂肪が溜まり安くなるんですよね。

また、人によっても、血糖値を下げるためのホルモン、インスリン分泌が生成されるのか?生成されたインスリンがしっかり使えるのか?(インスリン抵抗性)など、遺伝子情報からのカラダの機能の得意不得意があるものです。
この辺については、カラダの設計図=遺伝子情報と生活習慣を合わせて紐解くことで、具体的に血糖値に対してのリスクがどれくらいご自身のカラダに影響しているのか?も全体的なカラダの仕組みから、ご自身だけのカラダのメカニズムとしてわかります。


《55日ダイエットヨガ》にご参加の生徒さんにも、
『カラダにいいと思ってたから、朝食にフルーツだけ、とかよくやっていたんですよね。。』という生徒さん、多いのです。

食後にちょこっと食べるのは、抗酸化作用があるものも多く、おすすめですね。
できれば、この抗酸化作用の多くは皮に含まれていることが多いので、皮も一緒に食べることをおすすめします✨

脂肪を溜めないためにも、食後のデザートとして、フルーツはなるべく一番最後の楽しみにとっておくことが理想的ですね。

食べちゃだめ!!ではなく、食事を食事を楽しみながら自分に合った食べ方を工夫して取り入れていきましょう!!
引き続き、みなさんに役立つ情報をシェアさせてくださいね✨

ジムに行ってもやせない??それ、ストレス太りかもしれません。
《55日ダイエットヨガ》

▶️お問い合わせはこちら






おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。