自分に合ったダイエットに必要なこと//眠れないから、ストレス太りしていた??

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


◉運動しても、食事制限しても体重が落ちにくい。。
◉激しい運動を行わないと痩せる気がしない。
◉ジムジプシー。。何度もダイエットを諦めてきた。

パーソナルトレーナーのお仕事をしていると、このようなお悩みでパーソナルジムに来られる生徒さんが多くいます。
そういう方ほど。真面目にダイエット頑張ってらっしゃる方ばかり。。
また、一般的に出回っている健康情報では、ダイエットするのにきつい筋トレと有酸素運動が必須、というイメージが強く、
続かなくてダイエットを諦めて、パーソナルジムを退会していく生徒さんを見る度に、『自分って本当に力不足だな。。何かみんなが続けられるいいやり方はないのかな。。』とずっと考えていました。

お恥ずかしながら、なんせ、私、今まで単品ダイエットや、ヨガ断食、激しい有酸素運動で頑張って無理して体重を落とした経験しかないもので、、(産後に半年で無理に10キロくらい落とす激しいダイエットをしたことがあります。)

なんですが、今回遺伝子検査を受けて、自分のカラダのホメオスタシス機能がバランスしにくい遺伝子情報を知り、それをサポートする食べ方、食べ物、生活習慣を見直したところ、自分の心とカラダに明らかに軽くなり『よくなった!!』という感覚がありました。
そしてカラダに驚きの変化が!!!全く痩せるつもりなどなかったのですが、

◉5ヶ月でマイナス2キロ
体脂肪率3.4%減っていた。

これは、今まで激しいダイエットしかしてこなかった私史上、かなりすごいこと!!

だって、3食しっかり食べて、自分にあった軽い運動を生活の中に取り入れて、自分のカラダの機序がバランスしづらい部分を補う安全で良質なサプリメントを摂取し続けただけで、無理なくスルッとカラダがスッキリしたと思ったら、結果的に無駄な内臓脂肪も落ちていたから。

去年ネットで購入したワンピース、お腹が苦しくて頑張れば入るけれど、着心地悪くて売ろうか悩んでいたのですが。。
それがスルッと入り、お腹も苦しくなく着れるようになったのがやっぱり嬉しい✨

カラダが良くなるってこんなに気持ちいいのです!!

私自身、この5ヶ月重点的に行ったのが、ストレスケアです。

とういうことで、前回の続きです。
運動しても食事制限しても痩せないのはなぜ?//ストレスケアできてますか?
ストレスってなに?//ストレスは意外なところでかかっている。
何をしても痩せられないのはなぜ?//セロトニン分泌が食べ過ぎを抑制する。
自分に合ったダイエットに必要なこと//心身にやさしいウェイトロスとは?


このセロトニンと言うホルモン。
健康的にダイエットをしたい方にとって、ほんとーーーーーーに重要な神経伝達物質なのです。



今まで、いろんなジムで糖質制限ダイエットや、激しい有酸素運動を行うトレーニングを行うダイエットを繰り返してきたSさん。
今回、『中々寝れないんです。。』ということで、睡眠の質を改善したいというご希望でしたので、睡眠に関わる遺伝子情報からご自身の体質を紐解く『サポーティングスリープ』の遺伝子検査を受けてもらいました。
実際、結果を拝見させていただくと、体質的にも、精神安定につながるセロトニン生成がうまくしづらいリスクをお持ちでした。

セロトニン生成がうまくいかない、ということは、セロトニン分泌ができて初めて次に分泌される睡眠ホルモン、メラトニン分泌も難しいということ。
メラトニンは、全身に夜が来たことを伝えるホルモンです。起床の15時間後くらいから分泌が始まり、全身の細胞に寝る準備を促し、睡眠中は眠りが持続しやすい環境をつくります。

◉睡眠ホルモンが分泌しずらいということは
そりゃ寝れないです。


睡眠不足が続くことで、自律神経系・内分泌系(ホルモン)の調整機能が崩れてしまいます。
自律神経系では、「交感神経」と 「副交感神経」がバランスを取って働きますが、睡眠不足が慢性的に起こると、その切り替えがうまくいかず、日中になっても交感神経が十分に働かず代謝が悪くなり消費エネルギーが低下します。

カウンセリングを進めさせていただく中で、Sさん自身、以前糖質ダイエットを行っていた時に、結構激しい食事制限をしたことで、ストレスがかなり溜まり、元々体質的にリスクがある睡眠の質の遺伝子情報に、さらに負荷をかけるような生活習慣をしていた、ということが見えてきました。
また、Sさんの体質は、一度、自律神経、内分泌系のバランスを崩すと、中々バランスしずらい、というリスクもお持ちでした。このバランスが崩れた状態が長く続いたことで、睡眠不足や睡眠の質が落ちていったのでは?ということが見えてきました。
Sさんから⏬
『以前やっていた、糖質制限の食事に関しては、毎日数値との戦いでした。算数は得意だと思っていたけれど、嫌だった。。あとは空腹を作らないように、ちょこちょこ食べたりハードなトレーニングだったり
とにかく忍耐、我慢の連続でストレスかけまくりでした。
数値は一気に落ちたけれど続かずに即リバウンド。。結果残ったものは脂肪と精神的ストレス。。


な、なんと、、。え??と聞き返したくなるワードがいっぱい。。
『空腹を作らないようにとちょこちょこ食べをしていた』、ということは、逆に糖質制限しているけど、血糖値が常に上がっている状態を自ら作っているではないですか。。
また、血糖値を下げるときに、カラダはストレスを感じ、そこでさらにストレスホルモンが分泌されますが、このストレスホルモンが分泌されると、さらに血糖値をあげようとする、という悪循環が生まれるわけです。
この生活習慣は、意外にも、自律神経のバランスをさらに崩す生活習慣であり、トレーニングをやめた後のSさんの精神的ストレスはここからもきているのでは?ということも見えてきました。

また、血糖値を下げる役割を持つインスリンには、エネルギーとして利用されなかったブドウ糖を中性脂肪などにしてカラダに蓄えるはたらきがあります。
食間を開けずに、空腹を作らないようにしていた、ということは、常にインスリンが過剰に分泌することになり、高血糖状態に陥り、脂肪が溜まっていってしまったことで、すぐにリバウンドしてしまったのではないか?ということも見えてきました。


今現在のカラダの症状としては、
『足のむくみがひどいんです。』とのこと。
お風呂などで、循環をよくするとかしてますか?とお伺いすると、
『シャワーで済ませてしまっているんですよね。。』
とのことでした。

ここにも、Sさんの体質に負荷をかける要因が見えてきました。
1日の終わりにお風呂に浸かって温まり、血液循環を促すことで、老廃物を促したり、リラックスする副交感神経への切り替えが進むことで、質の高い睡眠につながっていきます。
また、この生活習慣からも、寝ている間に脳内の老廃物が代謝されるため、睡眠不足が続いているということは、カラダに老廃物が溜まっているのかも?ということも見えてきました。

また、眠りの質がよくないことで、昼間、頭がボーとしてしまうことから、コーヒーを毎日水代わりに2リットルほど飲んでいるということ。
『仕事でイラッとした時にコーヒーがないとダメで、、』
確かにわかる。。私も昔は結構飲んでたから、やめられないのもよくわかる。。

ですが、カフェインや糖質、加工食品の摂取が多すぎると、余計カラダに負荷がかかってしまいストレスホルモンが分泌されてしまいます。

ということで、。

◉Sさんの今のカラダの状態がわかったので、
体質改善開始です!!

まずはしっかり、日常生活の生活リズムを取り戻すために、『しっかり寝れるようになること』を目標に2週間でどこまで体質が変わるのか?やってみることになりました!

具体的に何をしていくのか?というと、ストレスホルモンを過剰分泌しないために、
◉Sさん自身、体質的に苦手なセロトニン生成に必要な栄養素をしっかりとってもらうこと。
(トリプトファン・ビタミンD・鉄分など)
◉栄養素をとっていただいても、ご自身でセロトニン生成が追いつかない、という体質なので、そこは良質で安全なサプリで補い、カラダの機序からまずは整えることにしました。

また、セロトニン分泌を促す運動として、
◉週に1、2回ほど、サーキットトレーニングを行っていらっしゃるということ。(行けたり、行けなかったり)
◉週に1度、《インナーアクティベーション・ヨガ》を受けていただくこと。
◉日常の中に、取り入れられそうなもので、毎日太陽にあたり10分歩く(がしかし、光に弱い体質をお持ちなのでサングラス必須です。)、エスカレーターを階段に変える。

など、暮らしの中に取り入れやすいもので、リズミカルに呼吸に合わせて行う有酸素運動を取り入れてもらうことにしました。

これらを2週間、できる範囲で継続的に行うことで、精神的にも安定し、ホルモンバランス、自律神経も少しずつ安定してきます。
遺伝子的に自律神経がバランスしにくいのか?ホルモンの生成がしずらいのか?はたまたは両方なのか?自分のカラダの錆びつきを起こしやすい体質なのか?など、遺伝子情報をみると、カラダ全体を運営していく上で、どこが得意でどこが不得意なのかがよくわかります。
まずは、不得意な部分をサポートして、カラダ全体の回路がしっかりつながり通って整わないことには、生活習慣を改善しよう!!という意欲も湧いてこないものです。。(▶️これをカラダの機序を整えると言います。)

これが整わないで行う生活習慣改善は、自分が不得意な部分を抱えたまま、なんとか自分を変えようとする改善方法になりやすく、逆にストレスが溜まってしまってダイエットが続かない生徒さんを数多くみてきました。
そうなると、『色々トレーナーに言われたけど、そんなに変えないといけないの??』と、逆にやる気をなくすか、または、『よし!!生活習慣改善するぞ!!』と最初だけ意気込んで、1週間もすれば、『ちょっとくらい甘いもの食べていいかな?』と誘惑に負けて、そこからどんどんやる気がなくなり、元の生活習慣に元通りです。
自分の不得意をサポートするものが何もなく、頑張って変えている状態ですので、そうなるのも当然です。
生まれ持ったカラダの機能の要因は自分の意思だけでは、変えられないんですよね。

なので、まずは、カラダの機序を結ぶことで、自然に生活習慣を自分にあったものに変えられる自分になることが、兎にも角にも何よりも大事!!

Sさんの心とカラダの変化、楽しみにされていてください✨

ストレスホルモンを減らして、セットポイントまで体重を落とす!
《55日ダイエットプログラム》

▶️お問い合わせはこちら



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。