運動しても食事制限してもやせないのはなぜ?//ストレスケアしてますか?

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


◉運動しても、食事制限しても体重が落ちにくい。。
◉激しい運動を行わないと痩せる気がしない。
◉ジムジプシー。。何度もダイエットを諦めてきた。

パーソナルトレーナーのお仕事をしていると、このようなお悩みでパーソナルジムに来られる生徒さんが多くいます。
そういう方ほど。真面目にダイエット頑張ってらっしゃる方ばかり。。
また、一般的に出回っている健康情報では、ダイエットするのにきつい筋トレと有酸素運動が必須、というイメージが強く、
続かなくてダイエットを諦めて、パーソナルジムを退会していく生徒さんを見る度に、『自分って本当に力不足だな。。何かみんなが続けられるいいやり方はないのかな。。』とずっと考えていました。

お恥ずかしながら、なんせ、私、今まで単品ダイエットや、ヨガ断食、激しい有酸素運動で頑張って無理して体重を落とした経験しかないもので、、(産後に半年で無理に10キロくらい落とす激しいダイエットをしたことがあります。)

なんですが、今回遺伝子検査を受けて、自分のカラダのホメオスタシス機能がバランスしにくい遺伝子情報を知り、それをサポートする食べ方、食べ物、生活習慣を見直したところ、自分の心とカラダに明らかに軽くなり『よくなった!!』という感覚がありました。
そしてカラダに驚きの変化が!!!全く痩せるつもりなどなかったのですが、

◉5ヶ月でマイナス2キロ
体脂肪率3.4%減っていた。

これは、今まで激しいダイエットしかしてこなかった私史上、かなりすごいこと!!

だって、3食しっかり食べて、自分にあった軽い運動を生活の中に取り入れて、自分のカラダの機序がバランスしづらい部分を補う安全で良質なサプリメントを摂取し続けただけで、無理なくスルッとカラダがスッキリしたと思ったら、結果的に無駄な内側の体脂肪も落ちていたから。

去年ネットで購入したワンピース、お腹が苦しくて頑張れば入るけれど、着心地悪くて売ろうか悩んでいたのですが。。
それがスルッと入り、お腹も苦しくなく着れるようになったのがやっぱり嬉しい✨

カラダが良くなるってこんなに気持ちいいのです!!これは本当に皆さんに体感して欲しいと思いました。
特に今回、私が重点的に行ったことはというと、、

◉ストレスホルモン
コルチゾールを減らすこと。


みなさん聞いたことあるますよね。
コルチゾールは副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンで、心身に負担がかかることで急激に分泌が増えることから、『ストレスホルモン』と言われています。
私自身、全く自分にストレスをかけた生活をしているつもりもなく、遺伝子の結果をカウンセリングしてもらった時に聞かれた時は、『好きな仕事してますし、そんなにストレス感じない方なんですよね〜。』と答えたのは覚えております。

ですが、実際、遺伝子情報と自分の生活習慣を改めて振り返っていくと、いかに自分の遺伝子情報に負荷をかけまくっていたのか?を知ってびっくりしました。
要は、コルチゾールが分泌過多になって、身体中が炎症しまくっている状態!!

しかも、なんで自分がそんなストレスフル状態なのに、気づけなかったのか?というと、慢性的にコルチゾールが分泌されていたことで、脳の記憶に関わる海馬が萎縮を起こし、コルチゾールの分泌をモニターしてくれる役割がある海馬が壊れかけていた!

そんな脳じゃ、自分の状態に気づけるわけがないですね。とほほ。。

また、コルチゾールの分泌過多は、免疫系・中枢神経系・代謝系など、カラダの生体リズムにまで影響を及ぼすため、痩せにくくなるのです。
コルチゾールの分泌過多は、根本的なカラダの循環機能が落ちるため、太りやすくなる。。

私も気づいたら、ここ何年か、離婚したり、新しい事業を始めたり、とライフステージが変わり駆け抜けてきましたが、自分の中では普通になりすぎていて当たり前になっていた生活習慣を振り返ってみると、相当ストレス溜め込んでいたのだと思います。例えば、、

◉デスクワークの合間に、チョコやミニサイズのお饅頭などの甘いものと甘いコーヒーを摂取。
(コーヒーは一日6杯は飲んでました。)
◉こたつで地べたに座って、同じ姿勢でパソコン作業を長時間していた。(5時間は座ってた気がする。)
◉パソコンのブルーライトを直に浴びて、目がかなり疲れる。
◉もーうカラダが痛い!!というときは、マッサージで揉みほぐしてもらう。
◉1日の終わりに、ワインやハイボールを飲む。(つまみなしでがぶ飲みです。。)
◉夜は仕事しながらこたつで寝てしまって、電気つけたまま深夜に目覚め、そこから2度寝する。
◉負荷のかかる筋トレを週3日。帰ってきてバタっと疲れて昼寝。


書いてて恐ろしいなぁと思いました。これ全部、コルチゾールを分泌過多にする生活習慣です。
これを3年ほど繰り返していたため、気づいたら内臓脂肪が溜まり、体重に対して多めの数値に上がってしまいました。

以外にも、ジムの生徒さんの生活習慣を拝見させていただくと、このストレスホルモンのケアができていなくて成果が出ずらくなっている方って多いのです。

ただ体重だけを短期間で落とせばいいダイエットは、その後のライフスタイルをご自身でコントロールできるようになる生活習慣の改善にまでつながることって中々難しいものです。
ダイエットをやめてしまえば、体重や生活習慣はもちろん、元に戻ってしまうことも多くあります。
ご自身が自分の心とカラダを根本から理解し、自分の元々持っている設計図=遺伝子情報と、生活習慣のバランスを取るコツを身につけることで、年齢を重ねていっても、心身健康な状態が続いていくことにつながるものです。

ストレスケアすることでの恩恵は、本当に計り知れないなぁと思う今日この頃です。
引き続き、ストレスについてシェアさせてください🙏

心とカラダの滞りを正常化。くらしの中に取り入れる
《インナーアクティベーション・ヨガ》

▶️こちらからどうぞ

◉55日ダイエットプログラム、ただいま考案中!!
お楽しみに。

▶️お問い合わせはこちら


おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。