ストレスがかかっていることが当たり前になっていた!?//ストレスから認知機能が低下することで、カラダへの気づきが鈍くなる。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


遺伝子検査の結果が返ってきて、お一人お一人カウンセリングをさせていただいている毎日です。

今日は、みなさん共通している症状がいくつかあったので、シェアさせてくださいませ🙏

『ストレス』というと、どんなことを思い浮かべますか?
遺伝子検査を受けてくださった皆さにご質問すると、『人間関係のストレスなどですかね??』という答えがよく返ってきました。
他にも、ストレスがかかる要因に、天候、気温の変化・紫外線、騒音、栄養素の量や質の不足、睡眠不足、また今流行っているウィルスや菌などによる抗原からのストレス、など、知らず知らずのうちに外的環境や生活習慣からのストレスがかかっている、と言われています。

生徒さんはもちろん、私自身もそうでしたが、自分がそこまで心身にストレスがかかってる状態という自覚症状ってほとんど何のですよね。
ですが、実際の遺伝子情報をみてみると、それぞれストレスがかかるポイントは違いますが、『ストレスに弱く、さらに一度バランスを崩すと、ストレスからリリースが難しいため時間がかかる。』という結果でした。

◉ストレスが慢性的にかかった状態が
普通になってしまっていて気づきにくい。

私の場合、遺伝子検査の結果を知った時に、『そんなにストレスかかっているのかな?特に何もない気がするけどな。』と全く自分のカラダに対しての認識が追いついておらずでして。。

それもそのはず。慢性的なストレス状態が長かったもので、ストレスホルモンとも言われる『コルチゾール』の分泌を正常な分泌量がされているのか?を、モニターしてくれる記憶や感覚を司る海馬が萎縮しており、脳の神経新生が抑制されていたようで、カラダへの認知機能が長年の生活習慣の積み重ねから、落ちていたようです。

その証拠に、体質改善の結果、認知機能に関わる神経伝達物質であるドーパミン分泌が進むと、、

◉気づく、気づく、カラダへの炎症!!

ドーパミンホルモンが徐々に分泌されてきたことにより、カラダが急いで認識し始め、あちこちに炎症が起きて反応して教えてくれました。

瞼は腫れ上がりましたし、ほっぺはカサカサ痒いし、喉も痒いし、、。


一番わかりやすかったのは、甘いもの、麺類や白いご飯、パンを食べると、一気に痒くなりました。
(ドーパミン認知機能すごい。これらの食材食べたら、カラダが反応しているって気づけた。。前はなんともなく食べ続けていたのに。。)

なぜなら、糖質が多く、血糖値が上がりやすい食べ方をしていたから。
糖質が多い食事を一気に摂取することで、血糖値が一気に上がります。そこで、血糖値を下げるためのインスリンというホルモンが分泌されます。血糖値が一気に上がるようなこれらの食事は、血糖値を下げようとするときにカラダにストレスがかかり、ストレスによりコルチゾール値が上昇すると、さらに血糖値の上昇を引き起こす、など、悪循環を引き起こすことにつながります。

特に私自身、血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリン分泌がしづらい体質のため、なおさら血糖値に気をつけないといけなかったって、遺伝子検査を受けなければわかりませんでした。。チーン。

こうやって、カラダの遺伝子情報に負荷がかかる生活習慣を気づかない内に繰り返すことでバランスを崩して、『え!!なんで私が!?』というように疾病につながるんだ、と、過去の病気(子宮頸がんになりかけだり、出産後、なんでもないところで転んで足首の骨に日々が、、。)を振り返っても納得できました。

ストレスがカラダに及ぼす悪影響から、どんな風に崩れやすいのか?は一人一人が違います。
だからこそ、心身のバランスを崩す前に自分にあった対策を知ることが重要です。

自分の心身の取り扱い説明書を作るために、溢れた健康情報からいろんな方法を試してチョイスするのは、お金も時間もかかり至難の業ですが、ご自身の遺伝子情報=設計図と、何を食べてどういう風に日々暮らしているのか?を複合的に知ることで、より最短で自分にあった心身の健康プログラムを見つけることができます。

まずはこちらで、遺伝子情報がどんな風に日常に活用できるのか?を無料でカウンセリングしています。
また、内側から心とカラダの滞りをリリースしたい方もお待ちしております✨

心とカラダの滞りを自動で循環し進める
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。