ゴリラ脳でよかったこと。//ゴリラ脳ってなに??不安・恐怖を強く感じる理由。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


『ゴリラ脳って何ですか??』
生徒さんに聞かれたので、今日は私の生態をシェアさせてください。



ゴリラ脳って何なのか?というと、『脳の扁桃体が大きい』ってこと。いわゆる動物脳っていうやつです。



人の感情の波や、感覚を敏感に察知できるのは、脳の機能だったのか、、と腑に落ちました。
なんでわかったのか?というと、遺伝子検査を受けたから。

恐いこと、不安なことだと扁桃体が認識したら、カラダが即座に反応しちゃいます。
リアクション大きめで周りのびっくりさせるので、友人や生徒の皆様ごめんなさい。

この扁桃体、ストレスが慢性的にかかりることで肥大化するそう。さらに、コルチゾールというストレスホルモンが慢性的に分泌されることで、海馬というコルチゾールの分泌をモニターしてくれる脳の機能が萎縮します。
さらにストレスで肥大化した扁桃体は、前頭前野でコントロールできなくなるため、ちょっとしたことでも『不安・恐い』と感情が揺れ、反応します。
もちろん私がそうで、元々動物脳の感覚優先の体質を、どうにか自分の前頭前野でコントロールしようとするならば、余計ストレスがかかり脳が疲弊します。さらに血管も弱いので、脳血管の疾病リスクも上がるという。。

だから、自分のカラダの特徴を知ったので、ホモ・サピエンス(人間)のように、自分の小さい前頭前野で、理性をコントロールしようとすることをやめました(笑)すぐにキャパオーバーになってしまうから。
※心の広さのキャパではなく、カラダのキャパの話です
できることからコツコツ。人間にはなれないけれど、ゴリラだけど人間のようには生きられるはず(笑)

現代社会は、大脳新皮質の時代だそうで、意識的に知恵を使ってよりよく生きていく時代らしい。
状況判断力、決断力、必須の社会です。逆に獲物に追いかけられるわけではないので、不安や恐怖を感じすぎる必要なんてないのです。
私は、というと、大脳辺縁系が発達しており、感覚優先の本能的にたくましく生きる原始時代の脳らしい。
原始時代ならエリートだったよう(笑)そんな脳なので、現代社会では何をしても不安・恐いが出てきて、本能的に焦って状況を判断する前にカラダが小刻みに落ち着かず動いてしまう。。

◉もう、脳は変えられないので
ゴリラの人生を楽しむことにしました。


だって、生まれ持った性質は変えられないですもん。
だから、自分の遺伝子情報に負担ない生活習慣を知って、自分に合った食事や運動を取り入れることにしました。
ですが、それだけでは、自分の心とカラダをコントロールできない、とよくわかったのでした。

なぜなら、いくら良質な食材をカラダに入れたとしても、自分のカラダの機能が必要なホルモンを生成しづらい、と知ったから。
いくらいい食材でも、美味しく食べるための調理(カラダのホルモン生成)が中々進まないから、カラダに必要な栄養素が吸収しやすいように代謝していかない。。

ただでさえ、ストレスが溜まりすぎているため、ストレスホルモンの分泌が高く、他の女性ホルモンや男性ホルモン、若返りホルモンと言われるDHEAなどに生成が回らない状況です。ということは、どんどん老化が加速してしまうってこと。

慢性的なストレス状態にい続けすぎて、それが普通になってしまい、自分がそういう状態にあるってことが全くよくわかってなかった、、というか、脳が萎縮しすぎて気づけるはずないんですよね。

やばい。。これではカラダが老化まっしぐらだわ。

それに、私の場合は母がちょうど、胸椎を圧迫骨してしまい、自分の未来のカラダが、今何も対策しなければ、どうなるのか?見せてもらえたことで、より、自分のカラダを深く知るタイミングだったんだと思います。

◉ホルモン生成が難しいって、、
人生に多大な影響を与えるのではないか。


そんな流れから、ホルモン生成を助けるために、カラダに吸収されやすい状態になっている良質で安全なサプリメントを摂取して、カラダの機能のバランスをとっています。

ドーパミン、セロトニンという精神安定のホルモンの生成ができてきて、やっと自分のカラダの性質を受け入れられるようになりました。
その前は、自分がゴリラだなんて、知りたくなかったし、見たくなかった(笑)
まあ、人間のふりして生きるより、ゴリラだと認めてしまったら、生きるのが楽になったのは事実です。

◉ゴリラ脳でよかったこと。



バナナ(目の前の好きなこと)や目標がわかって、そこまでのやり方がわかれば、超特急で、行動する瞬発力はある。
だけど、感覚や反応は得意だけど、考えるのは苦手。

木の上のバナナはどうやって取れるのかな?とは、考えない。
考えたり、試行錯誤するのは無理。皆無。目の前の美味しいバナナには瞬殺で反応して取りに行くけれども(笑)

ですが、カラダの機能がバランスしてきたのか、本当に少しずつ亀の歩みですが、やらない状況にならないとやらないもので、前よりは創意工夫できるようになってきました。(でも、前提ゴリラです。)

そんな私でも、ハイスペックなご縁だけには、かなり恵まれた人生でして、サポートしてくれる周りにご迷惑をおかけしながらも、間違えても道を外さずお仕事させてもらえているのは本当に感謝です。
やっと、ゴリラのお花畑人生を全うしようと思えるようになるまでになりました。

ま、自分にピッタリな職業に出会えただけでも、この人生が宝ですね✨

これから私とつながる皆様、どうぞこれからもよろしくお願いいたします🙏



心とカラダの滞りを自動で循環し進める
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。