高精度遺伝子検査で体質改善//自律神経のバランスを崩してしまうあることをやっていたのは、このわたしです。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美



晴れたり、曇ったり、、寒いと思ったら暑くなったり、、自律神経のバランスを崩しやすいですね。

デイサービスのヨガでのみなさんも気温に合わせた体温調整が難しく、調子がよくないと口を揃えておっしゃっていました。
正常の方でも、季節の変わり目にカラダが切り替わるのに、3日間はかかると言われています。

さらに、自分の遺伝子=設計図をみてみると、どんな時に自律神経バランスを崩しやすいのか?がそれぞれに見えてきます。

唯一、呼吸は、自分自身の意思で自律神経を整える方法ですが、それ以外にも、ホルモンバランスを同時に整えることは、自律神経バランスを整える上で連動するように大きく関わっています。

私自身、自律神経バランス、ホルモン(内分泌系)に関わる遺伝子リスクがあるのですが、長年、自分のリスクがある遺伝子をさらに傷つけるような生活習慣を繰り返していたことがわかってびっくりしました。
その積み重ねによって、やる気が出ない、集中力が出ない、筋トレして起き上がられなくなる、私は激しい性格だと思い込んでいた、などの症状の原因がよくわかりました。

ほんと、仕事のパフォーマンスもガタ落ちでした。。

そんな遺伝子のリスクに塩を塗るやうな行為である、絶対やってはいけなかったことはというと、、


◉空腹に甘いものを食べること。

朝起きて、空腹にコーヒーとチョコレート。たまに和菓子。
パーソナルトレーナーの仕事の合間に、甘いカフェラテ。甘いプロテイン。(生理前などは、食欲増大して、甘いクレープ、、とか。。)

いやー。。カラダの機能を学んだからこそ、今は恐ろしくて絶対やれないです。。

甘いものを摂取することで、一気に血糖値が上がることにより、インシュリンが血糖値をバランスしようと働きます。
私自身、インシュリンの働きにもリスクありと出ていますので、空腹に甘いものを食べることで、インシュリンは血糖値をバランスしようと、ずっと働き続けなくてはなりません。

インシュリンは膵臓からしか作られませんので、このような状態が続くことで、膵臓は疲れてしまいますし、インシュリン分泌が低下し、血管が対応できなくて皮膚が薄い瞼の上や、顎の下、頬に蕁麻疹が出てしまいました。

◉なんでこんなに甘いものを欲していたのか??


そもそも、なんでこんなに甘いものを欲していたのか?というと、、セロトニンがほとんど生成されていなかったことがあ下られます。そのため、甘いものを摂取して、擬似セロトニンを出すためだったのです。

お砂糖は、セロトニンと同じ分子構造だそうで、甘いものを食べることにより、私のカラダは一時的に満たされた状態になろうとしていました。ですが、セロトニンを分泌できているわけではないので、血糖値が急激に上がったことにより、それをインシュリンは頑張って下げようとしていましたが、頑張りすぎて暴れてしまっていました。

さらには自律神経バランスにもかなり悪影響で、一度バランスを崩したら戻るまでに時間がかかる体質だというのに、この生活習慣がやめられなかったことにより、メンタルバランスを崩し、体に疲れを溜め込み、負のスパイラルにハマっていたことがわかりました。

ここ何年か、疲れが中々抜けず、まさか自分の生活習慣がより自分を疲れさせまくっていたなんて、、結構ショックでした。

これが続くことで、気づかないところで疾病のスイッチをポチッと押してしまっていたことの方が恐いですね。

それでも、甘いものが食べたい。。


体質改善して2ヶ月とちょっと。食事を変えたのと、自分では作り出さないホルモンバランスを天然のサプリで補うことで、以前よりセロトニンが作られてきたようで、甘いものをものすごく食べたくなることは格段と減りました。

ですが、、仕事の合間のティータイムに甘いものって食べたくなりませんか??

そこで教えてもらったのが、血糖値に優しいおやつ、『寒天デザート』

元々、あんみつや葛餅、わらびもち、水羊羹などのひんやり和菓子が大好きなので、これは本当におすすめです!!




寒天を溶かして、、といいたいところですが、、2回も寒天から溶かすことに失敗して固まらずでしたので、もう諦めました(笑)
市販の国産天草100%の寒天の塊を買ってきて、それをサイコロ状にカットし、お好みで黒蜜、または、血糖値を気にする方は、メープルシロップをかけ、きなこをかけて出来上がり✨

今回はこちらの寒天を使いました。もう溶かしてお豆腐のように四角く固まっていますので、お好みに切ってすぐ食べられます。少しお酢くさいので、気になる方は、水洗いした方がいいですね。



寒天は食物繊維が豊富なので、便秘解消やダイエット中の方の食欲コントロールにもとても良い!!


本当にこんな甘いもので満たされるの??と思うかもしれませんが、しっかりセロトニンが生成されてくると、満足感・精神安定感が得られてきますので、これだけで十分に満足できます。

ただ、食欲を抑えて、エネルギー消費を促進させるというレプチンの働きの遺伝子にリスクがある方、また、空腹感を感じる空腹中枢を刺激して食欲を増進させるホルモン 「グレリン」に遺伝子リスクがある方、
この拮抗する食欲コントロール遺伝子にリスクがある方は、満腹感が得られにくく、過食になりやすいという傾向があります。

ですが、食前にこういった寒天や海藻類(わかめの酢の物とかもずくスープなど)で、血糖値の上昇を緩やかに保ちながらお腹を満たしてくれる食べ物を食事前にとることで、満腹感も違いますね。



2ヶ月ぶりに食べた甘いものがこれだったので、もう、、美味しすぎました(笑)
まだまだ、続くぞ体質改善。

自分が頑張りすぎず、無理なく美味しく食べて、心身の健康を取り戻したい方に向けて、新しいプログラムをはじめます。
お楽しみに✨

心身の健康は、心とカラダの循環を内側から整えるところから。
まずはこちらで、体感ください🙏

心とカラダはつながっている!心とカラダの内側から循環を活性化し、心身の健康の底上げをサポート!
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する

◉私のクライアント様の実に90%に活用していただいているテクニックです。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。