ヨガナンダから学ぶこと//ヨガとは外的に世を捨てることではなく、内的に世を捨てること。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。
心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会
山下 恵美


前回、日常に《インナーアクティベーション・ヒーリング》を加えることで、時間をとって、スピリチュアルな学びや修行をしなくても、普通に仕事をしながら、子育てしながら、日常生活を送りながら、スピリチュアルな学びが自然に進んでいきます、と書きました。

ヨガナンダから学ぶこと//ヨガナンダが広めたヨガの根幹《クリア・ヨガ》を《インナーアクティベーション・ヨガ》の視点から解説!!▶️こちらから


私自身も、事実、人生の方向性に悩みまくっていたとき、家族を捨て、インドのヒマラヤに出向き、そこで静かな隠居生活を送ることこそヨギの道だ、と、ヨギとしての生き方を曲がって捉えていたことがありました。それが真に自分が今世やりたいことで、自分の使命だと勘違いしていました。

ですが実際、家族から離れ、瞑想していても、心は落ち着くどころか、どんどん不安と恐怖に苛まれていきました。
『なんで私は、家族との時間を捨て、山の中で瞑想しているのだろう??これを通して何が得たかったのだろう??』

そのとき自分の内側の声がわからなかったからこそ、形ばかりのヨガのやり方をしっかりやれば、自分の本当に求めている答えに辿り着くのではないのか??そう感じていました。
(朝5時に起きて、マントラ歌って、ヴィーガンで、毎朝練習をしっかりして、、、本当に頑張ってました。。)

結果、そのときは、キツい修行に耐え抜いたことで、『以前の自分より変わった』ように感じていました。

ですが、実際は、現実の生活に帰って、何かが変わったのかと言ったら、余計ヨガの修行をするための自分の時間がないことにイライラしたり、必死に子育てしないといけない、夫とうまくいかない状況の苦痛に耐えなければいけない、そんな状況の自分の現実生活が、もっと生きずらくなりました。

さらには、どこに今置かれている環境から解放される抜け道があるのか、もっとわからなくなってしまいました。

今となっては、ヨガの修行にのめり込むことで、『現実の幸せではないわたし』が受け入れられず、見ないように自分を守るために、修行に逃げて頑張っていたんだな、と振り返って感じます。

この経験から、私自身が感じるスピリチュアルな学びは、
見えない世界のことを知ることでもない、
深い瞑想体験に酔いしれることでもない、
超常的な力を得ることでもない、
規則正しい生活を禁欲的にすることでもない、
ヨガの養成講座で新しい学びを深めて、知識を得ることでもない、

そうやって、本来のヨガの在り方を《インナーアクティベーション・ヒーリング》を通して体感することで、一つ一つに確信が持てるようになっていきました。

◉本来のスピリチュアルな学びとは??



私が感じるスピリチュアルな学びとは、今置かれている環境や人間関係の中にしっかり腹を据え、自分勝手に期待する人生と本質からの声の違いを受け入れながら、その中で自分の幸せを創るプロセスを楽しみ、人として成長すること。

です。

これは、どうしても見える結果や形に重きを置いてしまうため、なかなか自らそこに意識を向けなければ見えてこないですし、大事にできないものです。

これについて、ヨガナンダが書いた著作『あるヨギの自叙伝』の中の、ヨガナンダが広めたクリヤ・ヨガの師のまた師である、ラヒリ・マハサヤとその師ババジのやりとりに記載されています。

(ババジが言われる)
お前(ラヒリ・マハサヤのこと)は、クリヤ・ヨガを通じて多くの真剣な求道者たちに、霊的救いをもたらす者として神に選ばれたのだ。
世の多くの人々は、家庭的な絆や雑多な世間的責任のために霊的修行を妨げられているが、彼らは、自分と同じ立場にあるお前を見て勇気づけられるだろう。お前は彼らにヨギの最高の境地に至る門が普通人にも開かれていることを、知らせなければならない。

たとえ、俗世間のなかで生活していても、ヨギとして、いっさいの個人的動機や執着を離れて自己の責任を忠実に果たす者は、確固たる悟りの道を歩むものだ。

お前はもはや俗世を捨てる必要はない。お前はすでに内的にはあらゆるカルマのきずなを断ってしまったからだ。
お前はもう俗世のものではないが、まだしばらくは俗世の中にいなければならない。
お前にはまだ、家庭的、職業的、社会的、霊的勤めを果たしながら生活しなければならない長い年月が残されている。
お前の放つ新しい聖なる希望の息吹は、人々の渇いた心に浸透していくだろう。
そして、彼らは、お前の内外両面に均衡のとれた生活を見て、解脱を得るために必要なのは、外的にではなく、内面的に世を捨てることだと言うことを理解するようになるだろう。』

〜パラマハンサ・ヨガナンダ著『あるヨギの自叙伝』よりヒマラヤ山中に宮殿を物質化する 第34章より〜


外的に俗世を離れて修行することだけが、解脱に至る方法ではない。
内的に個人的な動機を離れて、家庭的、職業的、社会的、霊的勤めを果たしながら生活していくことで、誰しもが解脱できる道が開かれている、と言うことですね。

ババジが言う、内外両面に均衡のとれた生活=内側と外側を一致させていくためには、外側の結果や形に重きを置くだけではなく、内側のなぜ、そう言う結果や形になったのか?内側と外側をつなげる必要がある、と言うことです。

それは、内なる心と外の器であるカラダを連動し、つなげていくことに共通します。
そして、内なる深い意思に沿って、心とカラダを連動させ動かすことを、アーサナ(坐法・ポーズ)と言います。

心だけ、カラダだけの鍛錬に重きを置くことは、心とカラダがつながりを取り戻すどころか、どんどんこの二つが離れていきます。

それは、ただ単に痩せたいからと、好きではない味のしないりんごを大量にただ食べ進めるような、苦しい単品ダイエットに近いものがあります。

カラダは痩せて、外側の形はほっそりするかもしれません。ですが、内側ではどうでしょう??
無理なダイエットによって、また食べてしまって太る恐怖や、お肌がカサカサになったり、生理のバランスを崩してしまっては、心もカラダもバランスして健康で幸せ〜!!な状態にはつながりませんね。

みなさんがいつも行っているヨガのやり方=流派に加えていただくことで、ご自身が普段行う練習も、日常生活の中でも『ヨガの在り方』が叶う《インナーアクティベーション・ヒーリング

まずはこちらで体感ください🙏

あなたに『必要なスキルと活用ポイント』がわかる
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング オンラインモニターに参加する

◉わたしの生徒さんの実に90%が活用していただいているテクニックです。

▶️こちらからどうぞ

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。