やりたいことがみつからない。//やりたいことがわからなくなっているメカニズム。

14年以上、古典ヨガから現代ヨガまで広く学び、それらのエッセンスを現代のくらしに活かせるように抽出。心とカラダの健康・運動能力向上メソッドとして《インナーアクティベーション・ヨガ》を主宰し、プロから生活者まで広く技術を伝えている私・山下 恵美がサポートさせていただいています。

シングル・マザーで、小6・中3の息子がいます。
アパレルのバイトしかしたことがなく、ビジネスの土台はほぼゼロ。2019年10月から自分ビジネスを始めましたが、現在は自分が好きなヨガをやって楽しみながら子育てができるくらいにビジネスを回せています。

私でも、そのような成果が出せた大きなサポートになったのが《インナーアクティベーション・ヒーリング》の技術です。同僚のインストラクターさんたちにも、この技術ができるようにお教えして、その方が活躍するのに必要なスキルをちょっとリーディングするだけで、みなさんスッキリされて、活躍するクラスの場が増えたり、生徒さんのリピート率がよくなったり。

コロナ禍によりオンライン・クラスに移行しても、変わらずに成果を出せてる技術と活用ポイントを、広く皆様にもお伝えしてご自身のビジネスに活かしていただけたらと思い、ヨガクラス・個人セッション・ヒーリング講座・講師育成講座に日々励んでおります。

インナーアクティベーション・ヨガ協会    
山下 恵美






やりたいことが見つからない、、と焦る前に、まずは自分に安定的につながった状態で、悩もう。
と書きました。

やりたいことが見つからない//最短で自分のやりたいことに進む方法


なぜ、こんなに先に自分とつながることをお勧めしているのか?というと、自分とつながれていない状態の時の口癖って言ったら、、

◉私なんて、、
◉私なんか、、
◉私には何もない、、


口にしなくとも、無意識の内側でこんなセリフが頭をぐるぐる回っているのではないでしょうか?

自分につながれていない時は、自分の内側に本当は無限に可能性があるのに、ないにフォーカスがいくからです。
だからと言って、口先だけであるあるいっても、発しているエネルギーは『ない』エネルギーなので、そっちが叶っていく日常です。。それではやりたいことって見つからない。。

毎日『ないないない』、その状態が積み重なることで、余計自分とのつながりからほど遠くなっていきます。
それが続くと、どんどん本来の自分との隔たりができて、壁が厚くなり、自分の殻の中に閉じこもっていきます。
ここまで硬くなってしまうと、自分の固定観念の捉え方、考え方を自分の力だけでは手放せなくなっていきますし、行動を起こそうとも、億劫になってしまいます。

◉先に自分とつながる
ラインを引くことで、
『ある』状態になれる!!


なので、先にラインを引いてから、つながる!!と意思を持って自らつながろうとするからこそ、つながった状態=ある状態になれるわけです。
本来の自分とのつながりは、つながった状態から、日々体感し、その周波数に触れ積み重ねることで、自分でラインを育てていくからこそ強く、太く育っていきます。それができると、自分の喜びを自分で建設的に進めていける自信が生まれます。

ここまでいくと、例え周りの人と、自分のやりたいことが違ったり、反対されていたとしても、つながって選択しているからこそ、切り離せて考えられますし、自信を持って『やってみたい!』と納得して決められるものです。

わかりやすく、図を作ってみました。




やりたいことがわからない、というのは、図の右側の点線のように、本来の源とつながりたくてもラインが引かれていないので、何につながっているかわからない状態です。
自分につながれていない状態で、つながっているものといえば、自分以外のものとつながっている状態がほとんどです。

この状態の時、ほとんどの人が、もやもやする、不安、恐い、焦る、など、を感じます。
そして、その状態から早く抜け出したいからこそ、『早く安心したくて、答えを外側に求める』行動にいきがちです。それもそのはずです。自分とつながれていないので不安だから。

これが続くと、本当に自分の本音を知ることが怖くなりますし、自分の選択が他の人と違った時に、自分の感覚を信じられなくて、違う自分に罪悪感を感じたり、他の人の意見に左右され、他者と同じものを選ぶことで安心感を得ようとします。

そうなると、『とりあえずみんながいいって言ってるから、自分もこれが好きに違いない』と、影響され、焦って出した答えはそりゃ嬉しくないのも当然なわけです。

例えば、『小さいころ、お母さんに褒められて、それが嬉しかったからそれをずっと好きだと思っている』⇨両親の価値観につながっている、とか、もしくは、『みんなが理想とするものを持っていたら、羨ましがられたり、満たされるんじゃないか?』⇨社会の価値観につながっている、とか。
一見良さそうに見えるのですが、この状態は、自分の中から出てきた答えではなく、誰かのフィルターを通して出てきた答えになります。

自分とつながっていない状態で、自分以外の人や価値観、考え方ににつながっているので、自分が手に入れて、達成感があったとしても、なんとなく嬉しくなかったり、腑に落ちない感覚があります。そうなると、頑張って自分で得たはずなのに、自分の価値観・考え方と違うので、『自分にはない』って言いたくなってしまうわけです。

整理すると、、

◉自分が本当に欲しかったものと、
得られたもののギャップが大きくあるってこと。


自分の本心を自分自身がわからなくなってしまっているだけなのです。

なので、このギャップを埋めていけば自ずと自分がやりたいことに自然と向かっていくわけなのですが、、
自分とのつながりが取り戻せたら、一気に自分のやりたかったことに気づいてオールオッケーなのかといえば、そうではありません。

自分のやりたいことを見つけるにも、このギャップを最短で埋めていくには、一つ一つ自分である状態で、プロセスがあります。

参考までに⇩

ハイヤーセルフにつながるメリット//本質からの喜びを知って選択の基準を広げよう!


ですが、先に自分とのつながりのラインを引いておくことで、自分の喜びのエネルギーに近いものを選択できる基準を広げてあげることが出来ます。
そうやって自分の喜びに近い選択し、行動を繰り返すことで、ギャップを埋め、このプロセスを繰り返し重ねることで、最短で自分の本当にやりたかったことに、自分の中から喜びを見出しながら、真にやりたいことにたどり着くからです。

逆に、ラインを引いていない状態でやりたいことを見つけようとなると、自分の感覚にフォーカスできていないもので、自分のやりたいことに向かうまでに膨大な時間もお金もかかります。
最悪、人生何も得られないままモヤモヤして終わってしまうのがオチだと思います。過去の私はこの状態を長く続けていて、お金も時間も膨大にかかってしまった上に、心もカラダも頑なになってしまっていました。

最短で自分の喜びとつながり、可能性を広げて自分らしく生きてみたい!!!
自分を知りたい!!つながりたい!!という方は、こちらがおススメです。

自分を他の存在に明け渡すことなく本質のあなたと一体となり、《今ここ》に集中している状態(ハイアーセルフ・コネクション)の周波数に安定的に “なれる” 
《ハイヤーセルフ・コネクション講座》

▶️こちらからどうぞ



自分とのつながりが取り戻されていくと、『自分にあること』が当たり前となり、それを活かそうと試行錯誤しようとします。

そうなって初めて、自分にある手札を使って、『どうしたらできるかな??』と、新しく人生を創造するプロセスの方向に自然とシフトしているはずです。その時はもう、過去の『自分にはない』を再び感じていたとしても、枯渇感はなく、その状態でさえも満たされながら、未来を創造する意思のエネルギーとして転換できるものです。

さらに自分の内側を活性させ、自分につながって生きるプロセスの後押しが欲しい方は、こちらも合わせてご活用ください🙏


あなたに『必要なスキルと活用ポイント』がわかる!
《インナーアクティベーション・ヒーリング》&アカシックリーディング・オンラインモニターに参加する。

▶️こちらからどうぞ




おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。