two person on boat in body of water during golden hour

無条件の愛・ヒーリング//痛み・罪悪感・コントロール欲・自分をいやすのに必要なこと。

本日は無条件の愛ヒーリング講座でした。この講座は、ヒーリングをする上での、基本的な知識・施術が学べる講座です。

ヒーリングって聞くと、みなさんどんなことを思い浮かべるでしょうか??

多いイメージが、『痛みをとる。』『心が癒される。』などが多くあげられるのではないでしょうか?

私のところには、『過去に受けたトラウマがどうにもならない。』『心の傷を癒やそうとするほど、傷が深まる感じがして苦しい。』『自分と向き合おうとする方法をやりすぎて、疲れてしまった。』そんなご相談を、多くお受けいたします。
みなさん自分自身でさまざまな癒しを行ってきたばかりです。みなさん共通するのは、セッションやカウンセリングを受けたその日は癒された感覚になったのに、時間が経てば、元の状態に戻ってしまった、ということ。
生徒さんを拝見していると、ヒーリングの成果が出る出ないには、ヒーリングをどう捉えているのか?セッション・カウンセラー・ヒーラーと、どう関わっているのか?が、成果が出る出ないに関わっていることがわかりました。

成果が受け取れない多くは、

◉『自分が思うように心もカラダも癒されてほしい。』⇨自分が思う結果にならないと受け入れられない、とヒーリングに過度な期待をしてしまう。
◉『痛みを早くとってほしい。』⇨痛みさえとって貰えばいい、と依存的にセッション・カウンセラー・ヒーラーと関わる。

この2点が挙げられるのではないでしょうか?

私自身も、人生が辛く苦しいかった30代前半、とにかく自分の人生が思い通りになる方法を探し求めて彷徨った時期もありました。特に、『自分自身が病気になった時』、『パートナーシップに失敗して、自信を無くしている時』に限って、人は『早く病気が全くない健康なカラダになりたい。』とか、『元通りの仲良しのパートナーシップ・家族に戻りたい。』と、焦ってしまい、なぜそれが起きているのか?根本的な原因に気づくゆとりがないからこそ、表面的な問題ばかりに気を取られてそれが解決すれば、問題がなくなる、と思いがちです。

例えば、私の場合、病気の時は『悪いところをとってしまえば、カラダがよくなるだろう。』とか、パートナーシップにおいては、相手を責めて、「正しさ」をぶつければ、元の家族の形に戻って解決するだろう。』など、今振り返って思います。
表面的な部分で、自分が期待する形に無理やり推し進めたとしても、根本的な考え方や行動のパターンが解決していなければ、またどこかに歪みが出て形が崩れて表面化してくるものです。それはまた、自分が期待通りの形が崩れそうになった時、同じように焦り・不安・恐怖が生み出され、幸せな状態に向かっていると言えるでしょうか??


ヒーリングもまったく同じものです。ヒーリングした上での成果を自由に受け取れるからこそ、人は可能性に開いて自由に変容していけるものです。そして、自分を癒していく過程のなかで、最も大切なのが、『自我的願望を手放すこと』なのです。
『ありのままの自分を愛したい。』『自分をいやしたい。』などの〜したい思いを手放せて、ヒーリングを行えているのか?がヒーリングをする上で最も重要なのです。
これができて初めて、可能性に開き、自由なヒーリングの成果を受け取ることができるのですが、これがとても難しい。

自分を癒そう、痛みを取ろうとした瞬間に、エネルギーは無条件ではなくなり、自分の自我的願望が入ってしまうものです。そして、これはいくら頭で理解できていたとしても、受け入れられない自分を無条件に受け入れて癒す、または他者においても皆無に近いほど難しいことなのです。
なぜなら、人間には自我的意識があるものだから。
この自我的願望が入らず、安定的に無我の領域に入り、『わたし』という意識を手放した瞬間に、自分の内側から真の愛のエネルギーが溢れてくるものです。
そんな誰しもの中にあり、無我の領域から溢れてくる『無条件の愛』を安定的にエネルギーを扱えるようにヒーリングできるようになるのがこちらの講座です。

無条件の愛ヒーリングの仕組みは3ステップになっていて、
『まず一旦、0ポイントを作り、そこから湧いてくる純粋な愛のエネルギーを使って、無条件に与える』仕組みになっています。さらに素晴らしいところは、相手に与えるだけでなく、ヒーリングをする自分自身にも同じプロセスが起こり、互いに癒しと変容が起こり、無条件の愛のエネルギーに包まれていきます。
さらに、ヒーリングを行う本人にとって最適な癒しのプロセスになっており、ヒーリングによる痛みが起こらず癒されていくところがなんとも安心できるところ✨

よくご質問を受けるのが、『今持っているヒーリングのテクニックと一緒に行ってはいけないものですか?』ってこと。
もちろん、今お持ちのヒーリングテクニックに加えて行っていただくことで、ヒーリングテクニックの精度がかなり上がります。
(レイキ・クンルンレイゴン・チネイザン・アクセスバーズなど、エネルギーが他者と交わるテクニックにおいて、とても効果を発揮します。こちらも生徒さん達のケーススタディが集まってきましたので、順次書いていきますね。)

セラピストさんや、固定観念が強いなぁと感じる方、特に、子供時代に受けた傷やお母さんに対してこうして欲しかった(幼い時に人と合わせるために作られた心の奥のくせ=インナーチャイルド)が強いと感じる方、両親との関わり方に問題を感じている方、子供を持つお母さんに持っていてほしいスキルです。

まずはこちらで体験ください✨


無条件の愛ヒーリングセッションを受講する。



✨ヒーリングの可能性を受け取り大きな癒し変容を起こしたい方


無条件の愛ヒーリング講座を受講する。



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。