色々やっているのに、なんで解放されないのだろう?①

私のところにいらっしゃるクライアントさんのほとんどが、ご自身の抱える体調不良や、日常での悩み・不快感をなんらかの方法で解決しようとしてきたけれど、納得のいく効果が得られなかった、という方が多くいらっしゃいます。

なんで解放が進まないのか?
また時間がかかるのか?
について今日は書いていきます。

生徒さんを拝見させていただくと、あることが共通して日常で起こることで、解放が止まってしまうことがわかりました。それは、、4点あります。

①日常に帰ると、家族や友人に影響される。
②一回のセッション・講座だけで効果を出そうと期待する。
③自由な成果を許せない。
④セッション・講座との関わり方。



順番に書いていきますね。

まず、①日常に帰ると、家族友人に影響される。

私のところにいらっしゃるクライアントさんのほとんどが、いろんなヨガ・ヒーリングや心理カウンセリング・セラピーを受けてこられた方がほとんどです。お伺いすると、ヨガやセッションを受けたその日は、今まで囚われていたことや苦しみが解放されて、確かに軽く楽になっています。
ですが、その状態が続かないのです。
なぜなのか??それは、、

その後、自分のいつもの日常に帰った時に関わる人、物、環境は、あなたに合わせて変わってくれてはいないからです。

例えば、、
いつも両親や兄弟から、『あなたは可愛くないねぇ』と言われて育ったとします。それをそのまま受け取っていたことで自信が得られない環境で育ったとします。
この方が、大好きな先生のヨガを受け、心もカラダも日常の悩みから解放されスッキリしたとします。
クラスの中でヨガの先生からの『ありのままの自分でいい』という言葉によって、安心し癒されたとします。
この日はとても心もカラダも軽く気分が爽快でした。

ですが、家に帰り、いつもの日常で、また家族に『可愛くない」と言われる日常を過ごしたとします。
最初は、ヨガクラスでの先生の言葉を思い出し、『そんなことはない』と切り離して考えられていたとしても、毎日毎日、その環境に身を置くことで、人は影響され、いつも信じて疑わなかった『自分は可愛くないし、自分に自信がない』自分に、戻ってしまうものなのです。


ここで重要なのが、心とカラダが軽くなった状態を、いかに保ち続けられるか?がとても重要です。



可愛くないと感じているのは、家族であっても自分以外の感覚・意見ですので、いかにそれと切り離して、自分の感覚に沿ってよく考えられる安心感を作り続けれるのか?が、心とカラダの解放を進める上で、とても重要です。
あなた自身が安心している状態が続き変われば、自然とそれと引き合っていた人・周りの環境も、自然とグラデーションのように変化していくものですよ✨


今までいろんなヨガ・セラピー・心理カウンセリングを試してきたけれど、効果が実感できなくて続かなかった方、まずはこちらで試してみてくださいね🙏


オンラインモニターに参加する



おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。