自分のカラダの健康は設計図を知ることから✨

今年の9月で37才。
心とカラダにゆとりができると、結構カラダの小さな痛み(肩こりや腰痛、)や、味覚の変化に気づけるものです。
そろそろ年齢的にも、カラダの無理がきかないなぁ、自分のカラダをもっと大切にしたい、、
急にそんな思いが湧いてきました。
実は言うと、3年くらい前から、なかなか脂漏性皮膚炎が治らないので、自分のカラダの健康のことを見直そうと思い、遺伝子検査を受けてみることにしました。




私の健康遍歴を書きますと、、
私自身、未熟児で生まれました。病弱体質で、小さい頃から、お肉が嫌いで偏食だったり、肌に症状が出やすいアレルギーがあったり、、
思春期に入ると、自分がどうみられているのか?を気にし過ぎて、太るのが怖くて、過度なダイエットに走って生理が止まったこともあります。。
当時、ピアノを真剣にやっていたので、そのストレスから過食気味になったり、かと言えば全く食べない日もあったり、かなり不健康、不規則な生活でしたわ。。出産してからも、子宮頸がんになりかけるなどのトラブルを抱えたり、、。
そのためか、母がかなりの健康マニアなので、私自身も一緒に流行りの健康法やダイエットは一通り試してきました。
(こんにゃくゼリーダイエット、りんごダイエット、半身浴ダイエット、などなど流行りましたよね!?笑)

今回受けた遺伝子検査は、H&BPという会社のもので、
カウンセリングは自由ヶ丘にあるピュールスパさんにお願いしました。
肌老化関連遺伝子、肥満関連遺伝子、生活習慣病関連遺伝子、この3つのカテゴリーに分かれて知ることができました。
ですが、送られてきた結果をみただけではふーんって感じで終わってしまうので、
これをカウンセリングしてくれる方が私に合わせたアドバイスをしてくれるのか?がとても大事なんだなってことがよくわかりました。
ただ、自分の遺伝子を知るだけでは、自分の日常生活にどう取り入れていいかわからないですし、この冊子をみただけでは私自身もよくわからず、ただ受けただけで終わってしまってたなぁと感じました。

で、カウンセリングしてもらってわかったこと。

遺伝子=設計図
食べ物=建築資材
生活習慣=家の建て方
カラダ=出来上がった家


先生のこの例えがわかりやすく、今まで自分がやっていた健康法やダイエットは、自分の設計図を無視して、自分勝手に家を建てて、自分に取り入れていたな、ってことがよくわかりました。

例えば、アーユルヴェーダというスリランカの伝統的な代替療法があります。
以前、みてもらった時に、自分の体質はヴァータと言われる風の性質がつよく、それで当てはめてみると、
自分に合う食べ物って、油が多めで、こってりしているもの、牛乳やチーズも合う、ということでしたので、
積極的にとるようにしていました。

なんですが、、今回遺伝子検査をしてわかったこと。

◉脂質の燃焼力が低下しやすく体脂肪がカラダに溜まりやすいこと。
◉エネルギー源の糖質を作り出す時に、一緒にタンパク質も分解されやすく筋肉が落ちやすいため、
基礎代謝が低下しやすく一回脂肪がつくと落ちにくい。
◉糖吸収が人よりも強く、脂肪細胞と糖がくっつきやすく脂肪が溜まりやすい。カラダが酸化しやすく錆びやすい。


だから、脂っこい料理のあと気持ち悪くなり、全然お腹が空かなかったのか。。
分解に時間がかかっていたってことがよくわかりました。
私の体質は、脂肪に対しての対応ができにくい設計図な上、チーズや脂っこいものを食べまくっていれば、バランス崩すのはその通りで、、。しかも、高血圧の遺伝子が高リスクとあり、あのままこってりご飯を食べていたら、いずれ血液がさらにドロドロになり、脳卒中や心臓に負担がかかっていただろうに、、恐い。。
さらには、動物性タンパク質を好んでとらなかったので、動物性タンパク質がないと、栄養素がカラダ全体に回らない、と初めて知りました。。
てことは、、栄養失調状態ってことではないか。。
疲れやすかったり、お腹の調子が緩いのもそのせいだったのか。
そりゃ脂漏性皮膚炎にもなりますわ。
私の場合はお肌のケアが雑だった、など、自分自身では気づいていない習慣が肌に影響していたってこともわかり、恥ずかしくなりましたが。。(笑)

アーユルヴェーダは素晴らしい伝統療法ですが、自分の設計図を知って、アーユルヴェーダのピッタ・カパ・ヴァータの3つのバランスの特性をどうバランスするか?どう活かすか?が重要なんですよね✨
と先生に言われ、ハッとした次第です。

そりゃそうですよね。。取り入れ方間違えてました。。

そのあとは、先生から自分のライフスタイルにあった、取り入れやすい食事法や食べ方、積極的に食べた方がいい食材などの智慧をいただき、ただいま実践中でございます。

遺伝子検査は、体質改善したり、根本から健康になりたい方には、とてもおすすめです✨
90才まで生きたとして1日三食とすると、あと約5万食は口にするわけです。

自分に何を取り入れるかでカラダが変わるのなら、できる範囲で自分の設計図にあう取り入れられるものを実践して、元気に長生きしたいものですね✨

兎にも角にもカラダが循環していることも重要なので、根本から循環体質になりたい方はこちらにどうぞ✨

オンラインモニターに参加する




おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。